未分類


こういうお説教は嬉しいのです

西山、走ると頭が痛くなるのが悩みで最近思いっきり走れずにいます。
ということを、本日とある会合で一緒になったある方にぼやいたら、

「それはね!あなた、姿勢が悪くて酸素がちゃんと入ってないからよ。酸素不足なのよ!」

と叱責されて肩をぐいーっと後ろに落として?姿勢を正すことをとつとつと諭されました。

「でも西山頭痛持ちで」
「私もそうだったのよ」
「喘息も持」
「私もそうだったのよ!」

その方は西山のずっとずっとお年の上の方ですが、何しろパワフルでフルマラソンも100キロマラソンもやっちまう方です。そういう方に、

「自分もそうだった。でもそれは解決できる。私がそうだったんだから、あなたもできる。それを教えてあげたい。だって、できないでいるのはあなたもったいない」

そう言われると、西山が何を言っても逃げ口上のような気がしてきて、頑張んなくちゃいけない気がしてきます。
思えば西山もう母も父もいませんから、こうして一生懸命お説教してくれる人はほんと久しぶりなんです。
こんな風に、

「こういう風に年を取りたい」

と思わせてくれるパワフルで素敵な方は着物の先生以来です。
こういうお説教は嬉しいものです(仕事上のお説教はしんどいですが)。
この方には姿勢をよくするために毎朝晩のストレッチをこれまた強く勧められました。
うむ。
ちょっとやってみようとおもいます。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン