未分類


神保町で見つけた懐かしの足跡いや描き跡

今日ちょっと御用があって神保町に行ってきました。

そして小学館の横の入り口から地下鉄に向かおうと思って階段を下りていったら、

IMG_0664_convert_20170215181643.jpg
数年前の「サンデーマガジン50周年合同同窓会」で漫画家さんたちがサインをしていったペン型モニュメント?がガラスケースの中に展示されてありました(右がサンデー系、左がマガジン系、だった気がする)。

「サンデー」と「マガジン」が同じ年に創刊されて50年ということで出版社の垣根を越えて一緒に帝国ホテルでお祝いしたのです。講談社系の漫画家も小学館系の漫画家もベテランから新人まで大集合したのです。
西山も恐れながら参加しました。年末恒例の講談社マガジン系の交流会では決してお見掛けすることのない小学館系の作家さんがたくさんいらしてて、西山ドギマギしたものです。

こんな風に大集合。
IMG_0665_convert_20170215181701.jpg
西山もここのどっかに埋もれているはず。

先のペン型モニュメントに西山もサインしたよな、なんか偉い先生のそばに描いちゃったはず、と思って探したらありました。
IMG_0666_convert_20170215181726.jpg
そうそう、「純情可憐な俺達だ!」の連載終わった後だったんでした。


新しく建て替えられた小学館の地下にこんな懐かしいものがあったとは。
神保町の地下鉄入り口です。近くにお寄りの際には見てってください。西山のはともかく、すごい先生のサインだらけなので圧巻です。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン