未分類


足の裏衝撃的事実

先日世田谷マラソンを観戦しに駒沢公園に行ったのですが、会場周りにはいろんな屋台や企業のブースが出ていました。
無料で足のテーピングの仕方を教えてくれるテーピングメーカーとか
スポーツ飲料の無料試飲
それから、正しく走れているか歩いているか、診断してくれるスポーツ外科さんのコーナーがありました。

「今回は参加できなかったけどいつか本チャンのレースに出たい。そのためにもおのれの走り方をチェックしてご意見いただこう」

そう思って参加しました。それはなにやら真っ黒の機械の上に、靴を脱いで10秒間じっと立つだけです。それで足の裏にかかる重心の全体像が分かるそうです。結果はすぐにパソコンに。
すると外科の先生がパソコンを見て、
「わあ」
西山の結果を見て、声をあげました。
みると、西山の両足裏の画像、なんか変です。



足の指がありません。
「片足はかかと、もう片方は指の付け根にだけ重心がかかっていて、足の指には全然かけてないんですね」

……
言われてみると、足の指にリキ入れて歩いてる気が、しない。
一緒にいた人も「ええっ!?指に力入れないで、どうやって走ってたの!?」
だって、指に力入れなくても走れる…てか、走ったし。
「足の指にきちんと重心を置いて走ったり歩いたりしましょう。そうしないと、巻き爪にもなりますヨ」
ぎょぎょぎょ!なってる、巻き爪!
「ちゃんと力が親指にも乗ることで、爪が平たくなるんですよ」
あああああ、そーだったのかあ!!
ウン十年生きてきて初めて知った真実。人間としてどうだっていう、真実。やばいやばい。
でも、今日これを書くまでけろりと忘れていた西山。いかんいかん。
足の指体操のやり方、教えてもらったので、やります。今夜から。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン