未分類


雑な人生が靴に出る

出雲旅行から帰って来てから、西山愛用の編み上げブーツがべこべこ変な音を立てるようになりました。

それで見てみるとかかとにあなぼこが!

あなぼこ靴

しかもそのかかとの中のなにやら石のようなもの硬いものが割れていて、それが歩くたびに変な音を出すようです。
愛用なので急いで近所の靴の修理屋さんに行って見てもらう。すると、

「あー、これ穴が開いて、そこに石が入っちゃったんですよ」

「石って…かかとの中にもともと入っていたものでは…」
「ないです」

つまり、西山が雑に歩くもんだからヒールにあなぼこが空き、そこに道端の石が入って出られなくなっていたと…。
我ながら芸術的に雑な歩き方に、驚いてぐうの音も出ない。
しかし石とは…おお!もしや出雲大社の砂利か!
そう思うとちょっとだけありがたいものがかかとの中にそっと入っていたということ…

な訳ないか。もういいオトナなんだから、もっとしゃなりしゃなりと歩くよう心がけよう。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン