未分類


またまたアメリカンスイーツ

ちょっと前までは西山打ち合わせ用のお菓子は近所で買ってきていたのですが、最近は作ることが増えてきました。
もちろん余裕がなければそんなことしませんが。

べつに「編集さんに喜んでもらいたい」とかかわいい理由じゃありません。ただひたすらに

「作るのが楽しい」

からであります。どっちかというと打ち合わせをダシにして作ってる感じです。
レシピ本とかテレビの料理番組を見て、多少変わっていても、「作り方が面白い」とか「どんな味だろう」と思うと作りたくなるのです。だから簡単に味がイメージできるようなものとか普通なものは作る気にはなりません。

そんなこんなでまた作りました。アメリカンなケーキ、キャロットケーキです。

IMG_8808_convert_20161021062736.jpg

すり下ろしたニンジンとシナモンやジンジャー、ナツメグなどのスパイスを混ぜ込んだアメリカの家庭料理です。
今回はその上に水切りしたヨーグルトに砂糖を加えたものをのせました。生クリームもクリームチーズもちゃんとしたのを買うとマジでお高いので、最近は100均で買ったプレーンヨーグルトを水切りしたものを、西山よく使います。馬鹿にしたものではありません。美味しいのですよ。今回もとてもおいしくできました♪

最近はこれまた100均で買ったクッキングシートとの相性が良く(なぜか一流どころで買ったものは使いづらくてだめ)、それを型に敷いて焼くことで、上手に焼けるようになりました。
IMG_8803_convert_20161020133857.jpg
つまり、均等に膨らむのです。真ん中だけ脹らむとか、なんか左右ゆがんだりとかせず。
ささやかなことですが、長年そこが上手にできなくて悩んでた西山的には、「イエス!!」ってガッツポーズするくらいうれしいことなのです。
前「トマトケーキ」を作った時にも書きましたが、西山がいろいろお世話になっているアメリカ菓子のレシピ本は

「アメリカ郷土菓子」 原亜樹子さん著


です。他にも「大恐慌ケーキ」というのも作りました。最近お高くて困るバターを使わずに作れるのがミソです。

そういえば先日キャンベルのトマトスープがそれなりにお高いと書いたら、カナダに住んでる友人が50セント、日本円で40円くらいで買えたと教えてくれました。おおおうらやましい。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン