未分類


諦めなくてよかった着物

IMG_8748_convert_20161013205820.jpg

今日、昔の着物教室仲間の方と4年ぶりに会ってお昼しました。

着物教室でであった友達なのだから、やはり着物着ていくしかないだろう、と一週間以上前から緊張していました。
でも西山は着物着るの4年ぶりなんです。
教室が寂しい事情でなくなってしまい、西山は「師範代」の看板をいただける直前で教室を辞めました。
そのあともその時の先生をお師匠と慕って、時々お会いしたりしていました。もちろん着物着ますよ。
でも、そういう機会もなくなってからは…うーん…、着てなかったんですわ。

それでも着方くらい覚えているだろう、と思いましたが、当時西山が書いたノートを見てみても、全然わからない。
西山はいったんあきらめて、今日会うお友達に教えてもらおう、まで思っていました。

でも、なんか、なんかな、(現朝ドラ風)、諦めちゃいけないと、思ったのね。

もってる教則本と西山ノートを全て一から読み直し、なんとか、なんとか着付けることができました。
ああ、諦めなくてよかった~。
着物は出したりしまったりがめんどくさいんだけど、やっぱりちゃんと着れると嬉しいです。
もっと理由つけて着ようと思います(^0^)/。


でも、会いに行ったらお友達は洋服だった…。

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン