未分類


朝から涙目

オリンピック始まってからというものの、朝起きると何かしらニュースがあります。
今日は朝起きて布団でふがふがしていたら、レスリングの53キロ級吉田沙保里選手が決勝で負けてしまいました。
もう絶対金で、一番間違いないとすでに思い込んでいたのでちょっとショックでした。

そのあと、吉田選手が泣きながら観客席のお兄さんとお母さんのところに行って、二人によしよしされているのを見ていたらなんか泣けてきました。
YOSHIDA1.jpg
お兄さんのクマのようにたくましくてでっかい手とお母さんのか細いけど優しい手に感動してしていました。

それから48キロ級で金メダルを取った登坂選手がボロボロ泣いているのにもぐっと来てしまいました。
YOSHIDA2.jpg
登坂選手は吉田選手の妹分と言われているそうですが、我がことのようにこんなに吉田選手の敗戦を悔しがって泣くなんて。他選手の競技を観戦していて、泣く選手は初めて見ました。そんな風に慕われる吉田選手の人柄がしのばれるってもんです。

昔々、大学受験合格した時、ある友達が、「うれしい」と言ってくれたことが忘れられません。
「良かったね」という人ごとではなく、「うれしい」と自分のこととして喜んでくれたのが本当にうれしかったのです。


勝ってもらえる銅メダルより、負けてもらえる銀メダルは、ほんとに悔しいと想像に難くない。
でももしかしたら、吉田選手この負けでまたもっともっと強くなっちまうかも。そういう吉田選手も見てみたいですね。
ともあれ、吉田選手本当にお疲れさまでした!


スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン