未分類


元気でね、Iけださん

昨日、うちの仕事場で長いことアシスタントをしていてくれたIけださんの送別会を我が家でやりました。

ひさしぶりにスタッフ全員が勢ぞろいしました。
ただ会場がいつもの我が家だったので、集まり方もバラバラで、始まり方もなんとなく。全員がほんとに「揃った」のはAやまさんが帰ろうと玄関に降り立ったちょうどそのとき一番遅れたNのくんが来た、その時だけでしたが。

どこかお店でおしゃれにやらずに我が家でやろうと思ったのは、なんといっても気楽だしなじみがあるし、Iけだが好きなものを西山が作りたかったからです。

というわけで、作ったのは
IMG_5625_convert_20160511111031.jpg
Iけだリクエストの鶏の宝巻き蒸し、年末年始の宴会の時に西山が必ず作るものです。ひじきのゆず胡椒和え、青しそとキムチのジャンボハンバーグ、タイ風サラダ、サツマイモのピリ辛サラダ、赤カブの浅漬け。それからライスペーパーじゃなくて普通の春巻きの皮を買っちまったために見た目普通の春巻きになっちまったベトナムの揚げ春巻き、写真撮り忘れのジャンバラヤ風炊き込みご飯です。

IMG_5626_convert_20160511111055.jpg
みんなもいろいろ差し入れてくれました。この鶏はTまきくんが持ってきてくれました。

IMG_5632_convert_20160511111216.jpg
甘いものが苦手なIけだにはいつもチーズケーキ。今回はベイクド。三分クッキングのレシピにいろいろオリジナルで混ぜたらいいカンジになりました。いつも食の細いSとうさんがお代わりしてくれたので、すごい勝ち誇りたい気分でした。


今回はIけだは、西山にとっては寂しいけど嬉しくて、腰が抜けるほど驚いて思わず液晶タブレットを買ってしまったというくらいの理由で関東を離れることになりました。

Iけだはハーレムビートのインターハイ編あたりから入ってくれて以来、ずーうーーっと、うちで背景を描いてくれていました。

ジャポニカの歩き方でリアルでみごとなラオスの熱帯雨林を描いてくれていたのはIけだです。植物苦手って言ってたのに。
100%泊まり込みで残業もがっつりやってくれました。背景だけでなく仕上げもばっちりやってくれました。
原稿が上がると原稿をチェックして、はみ出した線だのトーンの張り忘れだのが世の中に暴露されるのを未然に防いでくれました。
細かいところに目が行き届いて、雑な西山のフォローをしてくれました。
西山の作る料理を美味しい美味しい言って食べてくれました。
硬派で厳しいところもあるけど、優しくて素直なIけだです。

長いこと、ほんとに長いこと一緒に仕事してくれたので、西山のことをほんとによくわかってくれている人です。

送別会前うちに置きっぱなしにしていた私物を取りに来た時に、いろいろ話してハグしてなんだか泣いてしまいました。今も書きながら泣きそうです。


みんながいろいろ送別の品を彼女に贈りました。Iけだ、愛されてるなあと感じました。
で、西山はこれ。

ikedafarewell_convert_20160511111553.jpg

ハーレムビート以来ずっと単行本のおまけに描いてきた、「仕事場の怖いうわさ」のスタッフの面々です。
こうしてカラーでちゃんとしたイラストで描くのは実は初めて。
デジタルではなくアナログでイラストボードに絵を描いたのは久しぶりでした。
これにみんなからのメッセージを書いた吹き出し付箋貼って贈りました。


元気でね、Iけだ。大好きだよ。


と、しんみり締めくくるわけですが、SNSのおかけでそれほど距離なんか感じないかもですね。




ところで、お泊り組が帰った今朝、気づくと山のようなポテチ。
IMG_5633_convert_20160511111241.jpg
これ、西山が食べちゃったらダイエット終了しちゃうよ。もー。

さあ、西山も前を向いて仕事するんだ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン