未分類


幸福の木がまた開花

うちに引っ越し祝いにいただいた、幸福の木があります。うちに来たときは小さかったのに今では天井に届くほどです。
その幸福の木に数年に一度白い花が咲きます。今年で4回目です。


繝輔ぃ繧、繝ォ+2016-04-24+23+18+28_convert_20160424231941
木の一番上から、人知れずこんな感じのつぼみの束?が出てきます。これが大きくなるのに多分一週間。いつもいつの間にか咲いているので正確にはわかりません。

繝輔ぃ繧、繝ォ+2016-04-24+23+17+19_convert_20160424232122
すると真っ白な花が、とても良い香りを放ちながら咲きだします。しかもなぜか夜、夕方あたりからです。西山の席まで5メートルくらいあるのですがそこまで香ってきます。それで咲きだしたのがわかります。

繝輔ぃ繧、繝ォ+2016-04-24+23+17+57_convert_20160424232151
こういう小さな花が毎夜少しずつ、五日間くらいかけて咲きます。それがまた蜜もぽたぽた出すので、気が付くと床がべたべたになってたりします。この記事書いている夜の11時は満開です。香りもすごいです。前回咲いた時は原稿仕事の真っ最中で、木のすぐそばのスタッフから「いい香りを通り越して臭い」とクレームがあったこともありました。

数年前初めて咲いたときは、コンデジで撮っても高いところにあるのできれいに写真撮れなかったのですが、今はiPhoneのおかげでばっちりです。

幸福の木に花が咲くのはまれなことだそうです。といっても西山に幸福な出来事が起きるわけでも不幸せな出来事が起きるわけでもありませんが。初めての時はだいぶビビりました。でもほんとにまれなことらしく、ネットで情報探してもあまり出てこないのです。

あ。

そういえばその初めての開花中にバレーボールの世界最終戦があって、男子日本代表が何回かぶりにオリンピックを決めたのでした。
西山は取材でその試合を見に行っていて、月刊バレーボールの「オリンピック決定!」記事の見開きの写真に他プレスの皆さんと一緒に万歳しているのがちゃっかり写ってます(笑)。
その取材の席で担当編集さんからのちの「純情可憐な俺達だ!」の連載のゴーサインが出た、と言われたのでした…。

幸福なこと、起きるといいなあー。
「咲いたことが幸せだろ]と言われたら、まあ、それまでですが。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン