未分類


おひなさま修理

もうすぐひな祭りですね。いいトシしてもとりあえずそういう年中行事が気になる西山。
というわけで先週もう雛人形を出しておきました。
ところが、開けてみると三人官女のひしゃくが一つこわれてるし、仕丁(泣いたり怒ったり笑ったりしてる三人組)が持ってるはずの日傘がなぜか紛失してる。一年前しまったのも西山なのに、それ以来うちの納戸から動かしてないのになんで…。
とにかくひしゃくは瞬間接着剤で直して、日傘は作ることにしました。こういうの、どこに売ってるのわからないので。

201603011.jpg
竹串をカッターでひたすら削って細くしました。人形の手が小さいので細く軽くしないと。やすり紙でなめらかにして油性カラーペンで黒と朱に塗ります。

201603012.jpg
ちょっと硬めの紙を丸く切って、小さく切った消しゴムを貼り付けてさっきの竹串を刺して…

201603013.jpg
サラシでくるんで朱色の紐で結んで

201603014.jpg
できあがり。よくできました。

実はもう一つ、お内裏様とお雛様の髪が乱れに乱れて後頭部が禿げて見えてしまっているのも悩みの種。人形の髪ってなんとかならぬものだろうか。むむ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン