未分類


悪寒実況

日曜日の深夜腹痛に襲われひーひー言いましたが、日中は食欲こそあまりないながらさっぱりしていました。

ところが昨晩、今度は体中の皮膚の表面がひりひり痛くなってきました。そしてすごく寒くなってきました。悪寒です。西山は高熱が出るとよくなります。39度台とか出るときのサインです。今回実際はそんなに出ませんでしたが。
最高温度の炬燵に首まで入っても寒くて寒くてガタガタ震えが止まらず、体中が触れないくらいひりひり痛くて、
「痛いよー、寒いよー」
と一人で呻いておりました。
とにかく全身2枚3枚重ねの重装備で布団に入ろうにも体中が痛いので服を動かしたくない。それでも何とか着替えて布団に入ってから、
「あ、薬を飲めばいいんだ…」
でも熱が出るってことは、体の中の防衛軍的な何かが悪いものを焼き殺そうとしているのだと聞いたことがある。その邪魔をしてはいかんのだと。防衛軍がただいま悪いものをボコり中…火炎放射器で…蒸し器で…そんな想像をしばらくして、
「いやいや、もういいでしょ」
で、むりむりヨーグルト食べてエキセドリンを服す。

そうして30分くらいすると、ようやく楽になってきました。炬燵の熱さがわかるようになりました。熱も下がりました。
「はああ~、なんだったんだこりゃ」
気が付けば5時間以上のたうち回っていたようです。
要するに風邪だったのかな。これを書いている今朝は少々の頭痛だけでさっぱりぽんです。

ここ数日でSNS上でも仲間が風邪でバタバタと倒れています。みなさまもお気を付けて。
明日は打ち合わせです。がんばるのだー。



スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン