ニシヤマ的つぶやき


お役に立てよと送り出す

その昔、西山が週刊少年マガジンで連載を始めた頃には、講談社と正規に提携している海外の出版社がマガジンなどの漫画作品を翻訳してそれぞれの国で出版する、というのが始まっていました。

西山の漫画もいろんな言語に翻訳されました。
初めてがタイ語。
それからは韓国語、中国語(シンガポール版、台湾版)、イタリア語、英語、ベトナム語、インドネシア語。
西山のところには出版されるごとに見本本が2冊ずつ送られてきました。

P3160033_convert_20140319083610.jpg
よお~くみると少しタイトルが違ったり

P3160034_convert_20140319083630.jpg
デザインが違ったりもしていますね。

P3160037_convert_20140319083652.jpg

物珍しいので取ってありましたがやはり西山が持っていてもしょうがない。
外国語です。きっとその国の人が読む、もしくはその国の言葉を勉強している人には参考になるのでは。
と、思って何年か前にはタイ語版を高校の恩師を通してどこかの外国語大学に寄付しました。

そして先日地下の書庫を整理していたらまたまたかなりたまっていることを確認。
というわけで、なんとか捨てるとか売るとかせずに、できれば何かの誰かの役に立たないかとずっと模索しておりました。

で、ネットで色々探していたら国際協力的な団体さんと母校の図書館ががもらってくれることになりました。
ありがとうございます!vv(^ー^)vv
これから送ります。

各国出版社側の都合で所々抜けてたりするんだけども。
勉強するなり楽しんでもらうなりして、本としての使命を果たさせてやってください。


余談ですが
各国の事情などでキャラクターたちの名前の表記が違っていたりするのが面白かったです。
HARLEMBEATの成瀬徹、通称「なるちょ」は中国語では「小瀬」あるいは「小徹」(この違いがシンガポール版と台湾版の違い…)。

英語版は今のようなクールジャパンブームの前に出版されていたので、「アメリカ人に馴染みやすいように」と、キャラクターたちの名前もアメリカ人ぽくされました。
「成瀬徹」は「Nate Torres」、
「みずき」は「Mizzy」、
「浩介」は「Oz」、
「澤村」は「Masa」。
タイトルも「REBOUND」。
しかもアメリカにならっての左右反転の本でした。

今は「ジャポニカの歩き方」が台湾版(「大使館的工作守則」)とタイ語版が続刊中です。
送られてきたらまた送ろう。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン