ニシヤマ的つぶやき


追悼ホイットニーヒューストン

好きでした。
西山彼女のデビューのとき衝撃を受けました。
外国ポップ好きの西山と普段は嗜好がかみ合わないR&B好きの友人Mも一発でファンになり、二人で武道館行きました。

女神さま降臨したと思いました。

最近は何かと好きなもののことを神扱いする風潮で、西山好きではないのですが、この時は本当に思っちゃいました。
あの音の良くない武道館を彼女の深くて豊かな声が満たして、もう「ありがたや」と思うしかありませんでした。
音楽にルックスは関係ないといいます。西山もその主義ですが、この声の主は完璧なプロポーションの持ち主でもあり(確かモデルもやっていた)、あいまって「女神さま」でした。

満たされて…満たされて…。

コンサートが終わった後、友人Mと西山はもうぼーっとなってしまいました。いつもならそのあとどこかでお茶するのですが、あの辺は当時喫茶店なども少なく、ようやく入った店はなんか汚らしい、しかもトイレの真ん前で店員の感じも悪かった。

「ホイットニーを語るにはここはあまりにも失礼だ」

という理由で店を出て、結局近くの銀行前の噴水あたりで缶コーヒーで乾杯しました。

「ボディーガード」はあまり好きな映画ではないですが歌はやはり最高でした。

西山が「神さま」と仰ぐ人がどんどん亡くなってゆくなあ。


ホイットニーさん。
大好きでした。

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン