ジャポニカの歩き方


イブニング発売になりました

イブニング発売になりましたね。
今回は大使、いえ外交官の娘の樹里ちゃんのお話です。

殆ど実体験に基づく愚痴を樹里ちゃんに言わせています(笑)。
アメリカンスクールは私にとってこんな感じのところでした。
派手すぎて付いて行けない。
親に悩みなんか打ち明けられない。不良にもなれない。
マチルダみたいな友達もいました。

今こうして漫画にすることで元取った感じですね。

後半に出てくるレストランは実在します。昨年取材に行った時、小学校取材で赤土にもまれた時にランチで行ったところがここでした。ラオススタイルでこう言うちゃぶ台みたいなところで食べます。気持ち良い場所でおいしかったです。多分まだ地球の歩き方とかには紹介されていないんじゃないかなあ。こう言うところをもっといろんな人に知ってもらいたいです。
ちなみに空土がラオ初上陸の夜に行ったレストランも実在します。Kualaoと言うラオス料理の店です。

嗚呼。ラオス料理くいてえなあ。


最近「ラオス」ってテレビでよく聞きます。
すさまじい濁流の中でたくましくメコンウナギを捕るラオスの漁師さんの話とか、蜂の巣を採る軍人さんのお話とか。
ラオスからの難民でホストやっている男性のドキュメントとか。
ラオス政府の名を語る詐欺のニュースなんかもありました…。
実は3月の震災の頃ラオスでも大きな地震があったんですよね。
世界遺産のあるルアンパバーンは時々旅行ものに取り上げられますが、ヴィエンチャンも取り上げてくれると良いなあ。タートルアン広場とか。
元気なニュースを聞きたいですね。


今週すでに2本ネームを描きましたがどちらもいまいちで描き直しです。ううう。
がんばりまーす。

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン