ジャポニカの歩き方


イブニング発売になりました

イブニング発売になりましたね。
今回は大使公邸でのレセプションのお話です。

この話の中では大使令嬢の樹理ちゃんはレセプションに出ることになっていますが、私は一度もでたことがありません。こういう場に子供が出ることはあまりないんじゃないですかね。大使の考えや状況にもよると思いますが。
お客さん側にもお子さんがいるときのみ「子供接待」的に狩りだされた記憶があります。西山はこれが大変苦手でした。

在留邦人の子女が公式に公邸にお呼ばれするのはクリスマス子供会ぐらいだと思います。

フランスの大使公邸でクリスマス子供会をやった時は大使もわざわざ出席してくれてました。
日本人学校代表の出しものとして器楽部の西山と数人の部員がアコーディオンで演奏していると、
「私も引退したらアコーディオンをやりたいんだよ~」
と、西山からアコーディオンを奪って演奏してくれました。
父の上司かと思うとものすごく緊張しました。

それからラオスでは「みんなで日本から送られてきた紅白歌合戦を見よう会」の時も公邸に親と一緒にお呼ばれしました。当時紅白歌合戦のビデオ?テープ?が半年遅れくらいに送られてきたのです。今はそんな会、いろんな意味でやらないだろうな。


とりあえず、この在ラオ日本大使館発足時からのテーマだった「大使館開館レセプション」は終了しました。
次回から新?てんかいです。
こうご期待です(^ー^)。


スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン