FC2ブログ

未分類


「黄金の日々」見始めました

黄金の日々

1978年1月から12月に放映していた大河ドラマ「黄金の日々」の再放送が始まりましたので、懐かしいので見ることにしました。
6代目市川染五郎さん(現二代目松本松本 白鸚)演ずる納屋助左衛門が、織田信長、豊臣秀吉の時代の堺の町を舞台に、大商人になっていく、という物語です。呂栄助左衛門という実在した大商人の話です。

西山が小学6年生の時にやっていたドラマです。
家族そろってみて、しかも翌日学校に行くとクラス中が話題にしていました。視聴率とかわかりませんが、人気あったのではないでしょうか。西山にとってはおそらく初めてちゃんと見た歴史ドラマで、すごく印象的でした。
善住坊というお坊さん(助左仲間でやはり実在した人物だと今日知りました)の死に方が強烈で、

「ああいう死に方だけはぜったくしたくないよね」

と学校でみんなで話しながら震え上がったのを覚えています。

実は1話目から見た記憶がなかったので、改めてちゃんと1話目から見始めたわけですが、恐ろしく昔のものながら、面白いです。
2月まで放映していた「麒麟がくる」と同時代の物語なので歴史的な背景とか、改めて理解できながら見れるのもいいです。
今はかなりおじいさんおばあさんの俳優さんたちが、若くてぴちぴちしてるのにも変な感慨が(^_^)。


毎週日曜日の朝やってます。西山はこれから毎週見るつもりです。
懐かしい方はぜひご覧になってみては(^ー^)。

スポンサーサイト



*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン