ジャポニカの歩き方


ご無沙汰しました

何やらご無沙汰していました。

昨日無事に原稿仕事終わりました。
今週は涼しいを通り越して寒かったですね。
今週こそ地下に用意した仕事場で、と思っていたのですがこう涼しくては地下に行く必要がありません(むしろ寒過ぎ)。と言う訳で今週も普通に二階で仕事しました。


でも今週は初日どうしても頭痛外来に行かなくてはならず、少し遅れて仕事スタート。
それに仕事中、私事で仕事場をスタッフに任せて留守にすることもありました。
しかも実はネームの直しが半分あって、その描き直しを二回もしました。
来月発売するジャポニカの単行本用の販促物のイラストなどを仕上げる仕事がありました。
単行本のカバーについて急遽編集担当さんと打ち合わせもしました。
そういうわけであまり原稿に集中できず、西山の今週ノルマのうち半分は下描きで終わってしまいました。
前回からの仕事は色々たまっていたので、スタッフには背景や仕上げなど着々と仕事してもらえはしましたが…。

こんな状況はめったにないことではありますが、なるべくこういうことにならないようにしたいです。はー。
しかしながら人生はハプニングでできている。次々と起こる「いつもと違う状況」にいちいちうろたえず、でんと構えて付き合えるようになりたいものです。

と言うわけで今週のおさんどん。

1
フライパンパエリアと豆腐と納豆の韓国風スープ、トマトバジル奴(全て三分クッキング)

2
ラープとトマトとオクラのさっと煮(三分クッキング)。ラープは前にも作ったラオス料理でスタッフHたのリクエスト。

3
肉みそ茄子の冷やし麺と鶏ささみの豆乳みそ冷製スープ(ともに三分クッキング)。冷やし麺、と言いましたが、中華麺何か勘違いして焼きそば用麺を買ってきてしまい、急遽焼きそばにしてしまいました。

暑いと思って用意した涼しい系の料理を考えたのですが、涼しかったのであんまりありがたみがなかったですね。



先週大学時代の友人にラオス人の方を紹介してもらいました。これから描く展開のためにどうしてもラオスの方に直接聞かなくてはわからないことは出てきたからです。
もう日本に来て10年以上の方なので日本語ぺらぺらの方でとても愉快で楽しい方でした。
「じゃぽにかの歩き方」がラオスの方々の間では結構話題になっていると聞きました!単行本を楽しみにしてくださっているそうです。わー緊張です。
それから今ジャポニカの「ラオ王国」で描かれている「日本人が嫌い」と言う設定に驚いて、どうしても受け入れづらいとおっしゃっていました。

「ラオス人にとって一番親しみを感じるのが日本人。日本人には感謝することがあっても、日本人から迷惑を受けたことは一つもない。JICAの青年海外協力隊の第一号もラオスだった」

「フィクションなんですよ」と言うと、「あー、フィクションなんですよね、フィクション…」と笑いながら御自分に言い聞かせているようでした。
こんな設定にしてしまってなんか申し訳ない気がしました。
でもこんなに日本を好いてくれる国があると言うのもびっくりですが嬉しいですね。


明日は販促用のカラーとネームやります。
今週のネームのようなことにならないように気合い入れて行きます。



スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン