ニシヤマ的つぶやき


なぜか大阪

昨日大阪行ってきました。
劇団☆新感線のお芝居「港町純情オセロ」を見るためです。

なんで大阪かって言うと…。
要するに先行予約したら抽選で当たって、やったーと思ったら会場間違えていたと言う。東京の会場と。
でも、劇団☆新感線はなかなかチケットが取れない(いずれにしてもこの抽選キャンセルはできないけど)。
わざわざ新感線みるために新幹線乗って大阪行くか!?
悩んだ挙句、春の旅行だと(日帰りだけど)割り切っていくことにしました。震災のずーっと前に決めたことです。こういう時に自宅を遠く離れるのは心配ですが…。まあ、行っちゃいました。

1
大阪城公園のすぐそばの劇場です。到着した時は晴れていましたがぐんぐん天気が悪くなってきました。
近くのぼてぢゅうでお好み焼きを食べて(なぜ東京にもある店で…。でもこれでも大阪らしい店を選んだ方なのですこの近辺あまり店がない)お芝居に向かいました。

西山は劇団☆新感線のファンなのですが観て泣くことはめったにありません。どっちかと言うとチャンバラが多くてテンポのいいエンターテイメントな演出が多いですから。
でも今回は泣かされました。
シェークスピアの戯曲「オセロ」を大阪のやくざの物語に作り直したお芝居ですが、シェークスピアの中のセリフがところどころ盛り込まれていて、イイところでぐっと来てしまいました。
学生時代は「装飾が多くてめんどくさい」とか「サッサと言いたいこと完結に言え」とか思っていたシェークスピアですが、オトナになると良さがわかってくるものですね。前にリチャード三世やマクベスを見た時も結構ぐっと来て図書館で借りて読みなおしたことがあります。

「地獄はどこかにあるのではなく、不安や疑惑が頭の中に作りだすものなのだ」

…なるほどなあ。確かに。余震や原発にびくびくしている東京人にとってはこういうことかも。


そのあとせっかくなので大阪城に行きました。
2
大阪城は大学の時外から眺めただけです。今回閉館前に入って見学させていただきました。
先日大河ドラマ「江」で秀吉が大阪城を建てた回を見たばかりだったので、すごいタイムリー。
豊臣秀吉ヒストリーとか、大阪城築城の流れとか、もっとよく見たかったのですが閉館時間で追い出されてしまいました。中学生とか高校生の時に来ていたら「だるい」とか思っていたでしょうが、とても楽しめました。これも年のなせる技でしょうか。好奇心いっぱいです。
今の大阪城の原型って徳川幕府が再構築したモノだったんですねえ。知らなかった…。(今の大阪城は夏の陣で落城して徳川が直して、途中何回か落雷などで壊れて、江戸末期にまた徳川が直して、それがまた幕末燃えちゃって、そして1930年代になって復興させたものなんですって)


で、帰る前に大阪阪神百貨店のスナックパークでいろいろ食べて夕飯としました。
3
大阪名物イカ焼き!
4
ちょぼ焼き!(たこ焼きの元祖だけど入っているのはこんにゃく)
5
明石焼き!
6
ミックスジュース!
7
きつねうどん!
…あ、私1人で食べたんじゃないですよ。一応、念のため。(^_^)

それからおいしいもの受け狙いなものなどなどおみやげに買ってまた新幹線に乗って帰りました。
8
阪神百貨店で買ったフルーツパイ。食べちゃって写真は残っていないのですがレモンパイと神戸牛のミートパイもおいしかったです。


ところで、阪神百貨店歩いていて何か違和感あると思っていましたが、帰り、夜の新幹線乗ってて気づきました。

…ああ、そうか明るかったんだ…。

最近東京の主要なデバートや駅構内は半分以上電気が消えていて薄暗いですからね。あんなに明るいお店の中は久しぶりだったんです。
帰りの新幹線からの風景が静岡あたりから真っ暗になりました。それで気づいたのです。

そうか。
こんなに違ったんだなあ…。

薄暗いのにもだいぶ慣れましたが。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン