ジャポニカの歩き方


遅れましたが、イブニング出てます。

遅くなりましたが、今週火曜日にイブニング発売になりました。

空土の人生を変える横溝大使の登場です。
ダサいパーカーをスーツのジャケットの下に来てオフを過ごすカジュアルが下手な人。外交官だったうちの死んだ父もそうでした。
小さい頃ミッキーのジャージを背広の下に来て(しかも濃紺のジャージ)、如何にもイケてるつもりですまして歩く父と一緒にデパートに行くのはとても恥ずかしかったことを覚えています。友人のお父さんがお休みの日にジーパンで遊びに行く話を聞いてすごくうらやましかったものです。

コートジボワールの話が出てきましたが、まさかコートジボワールで本当に政変がこのタイミングで起こるとは。
このネームを描いた昨年夏には想像もしていませんでした。なんてこったです。
先週一緒にスカイスリーを見たのはフランスの日本人学校時代以来の友人ですが、彼女はお父さんのお仕事の関係でコートジボワールに小さい頃住んでいたので、とても心を痛めていました。

「ジャポニカの歩き方」はこれからが本番。乞うご期待、です。


ところでお仕事、今週も一応無事に終わりました。
みんなが来る前の晩(月曜)、みんながくる朝(火曜)と、久しぶりに大きな余震が来ました。
少しビビりましたがショックから立ち直るのが早くなってきたので、すぐ仕事に戻ることができました。
ちなみにうちのスタッフはだれも地震にビビりません。仕事中の余震に(スタッフAやまのケータイは新しいので緊急地震速報のあの嫌な音が鳴る)いちいちピクリとし、貴重品バッグを持って立ち上がるのは西山だけです。

「揺れると線がぶれて困ります」

いやいや、そういうことじゃないだろ。とりあえずインク瓶のふたを閉めよう。
ある作家さんの仕事場ではあの大震災の日にインク瓶が倒れて描きかけの原稿がダメになった、という話を聞きました。気をつけましょう。

今週は「QBかりん」の単行本の仕事もしました。それもあってますます原稿の「宿題」は解消どころかたまっていきます(-Д-;)。とりあえず、締め切り的には余裕なのですが…。いいかげんなんとかせんと。
最近は西山も背景(簡単なところだけ)がんばってます(^_^)。

そういうわけで最終日Oじまに助っ人に来てもらい、延長で半日余計に仕事してもらいました。震災後、初めて会いました。なんか懐かしかったです。


と言うわけで今週のおさんどん。

1
チキントマト煮とバターライス(スッキリ!はるみごはんより)、ジャガイモとエビのサラダ(ベジレシピ)、エノキと卵のスープ。

3
プルコギと鶏とわかめのピリ辛スープ(男子ごはんより)

4
酸辣湯(サンラータン)(男子ごはんより)と鶏レバーの中華煮(クックパッドより)

5
ハヤシライスと豆腐のコチジャン和えサラダ(三分クッキング)。

でした。


今週は二日目にみんなでお昼にお花見に出かけました。今年は近所の街中の桜並木でお花見です。
さすがに桜も満開を過ぎたし平日の昼だったので、桜並木の間のベンチも結構空いていました。
今年は西山何か作る余裕がちょっとなかったので、街の小さなトルコ料理店で「ケバブ丼」弁当を買って飲み物買って、桜吹雪を眺めながら食べました。

2

お天気も良くて気持ちよかったです。
その後少し遠回りして桜を愛でながら帰って再びお仕事に戻りました。
自粛自粛と新都知事は言いますが、日本人が桜を愛でて何が悪いか!です。


なにはともあれ、今週もお仕事がちゃんとできて嬉しいです。ありがたいです。
ゴールデンウィークが終わるまでしばらくみんなと原稿仕事はしないのでさみしいですが…。単行本用カラーとネームをがんばります。


そういえば、「ラオスのゆりこちゃん」の回のアンケートコメントの抜粋を見せてもらいました。
さすがに青年誌なので皆さんコメントがオトナで、マガジンともKissともちがうなあと興味深く見させていただきました。
中に昔パテトラオを支援していたと言う人からのコメントがありました。

「アメリカの友に死を!当時は当たり前のことです」

…。
……(ぞ~)。

でも担当さんは

「「ラオスのゆりこちゃん」の話がほんとだっていう証明になりましたね!」

(^▽^)!


今週いろいろ遅れてみんなと原稿やってる4日間の間にネーム描いてファックスしたり下描き遅れ分やったりするためにちょっと無理しました。あまり寝てません。(包丁で切った左手親指もいつまでも痛いし)
今日は爆睡しようと思います(さっきまでちょっと寝てた)。

明日はネームやらなんチャラやります。がんばるぞー。



スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン