ニシヤマ的つぶやき


きもので明治神宮

1
昨日きものを着て明治神宮に参拝に行ってきました。
親しい着付け仲間と一緒です。

先におフレンチ料理のお昼をいただいて、それから行きました。
明治神宮では外人観光客の方々に何度も「一緒に写真撮らせてほしい」と声かけられました。
きものグループですからね~。お正月も過ぎてちょっと珍しかったかもしれません。
外人さんにとってはきものはやはり大好きな日本文化の一つなのでしょうね。大ウケでした。

寒いので普通なら羽織を着るのですが、でかけるとき暖かかったのでショールだけにしました。
このショール、実は編み物作家でスタッフのHたのお母さまが編んでくださったものです。
2
とても暖かったです♪

明治神宮で参拝中、結婚式のご一行に3組も出くわし、(昨日は大安?)付添いのきもの姿をいくつか見かけました。外国のガイドブックでは明治神宮の項で「運が良ければジャパニーズウェディングに出会える」と書いてあるそうですが、外人さんたちは大喜びで写真撮りまくっていました。
さて西山は着付け始めてまだ2年弱で、自分で着つけるにはまだいろいろ気になることがあるのですが、生意気に目だけは少し生意気になってきました。

「あの人たれが長すぎないか…?」

「帯締めがはずれちゃってるよう」

「あーお太鼓が下がってるよ」

と気になったりして。(一緒に行った方々は私より上級な人たちだったのでもっと厳しかった。私がわかったのはそのくらい)

明治神宮で結婚式あげる時はもろもろの視線に気をつけないといけませんな。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン