ジャポニカの歩き方


来年3月から始めます

1
先日からお話していた新しい連載ですが、ようやく「話してもいいよ」と編集さんからOKが出ました。
来年3月から講談社のイブニングと言う隔週青年誌で始めます。
ざっくりと言えば「大使館」、あの外国に置かれている日本代表のお役所、のお話です。

イブニングさんとは実はマガジンで「純情可憐な俺達だ」を連載する前からのお付き合いで、昨年、Kissと同じくらいから打ち合わせを始めました。担当編集さんと作った最初の連載案は流れてしまいましたが、QBかりんを描きながら昨年の今くらいからこちらの作品の構想を立て始め、今年8月に連載のゴーサインが出たのです。

何度かお話してますが西山のお父さんは外務省のお役人でした。
西山はその父に連れられてフランスで生まれた後アメリカだのラオスだのフランスだのを転々としました。
父がそれぞれの国の大使館や領事館に転属になったからです。
大学入学を機に西山は親について行くこともなくなりましたが、両親はそのあともアルジェリア、それからベルギーのEC代表部(現EUの準備機関のようなものがEC)に転々しました。
そこで父は殉職しました。もう20年近く前のお話です。

その後漫画家になった西山はスポコンばかり描いていたし、父の仕事を継ごうなんて考えもしていなかったのですが…。イブニングが「働く男性向けの雑誌」と言うことで、働く外交官について描こうと思うに至ったわけです。
…と言っても私も子供だったので、外交官がどんな仕事をしているかよく知らなかったんですけど。

改めて勉強してみてびっくりすることだらけです。
がんばって楽しく、西山目線なりの外交官を描こうと思います。
もちろん9月のラオス取材はそのため。
来年3月からよろしくお願いしますです。

このイラストはこの連載を念頭に、今年7月に講談社フェーマスの「カレンダーコンテスト2011展」のために描いたイラストの一つです。
この後打ち合わせを重ねたりラオスに行ったりでこのイメージも少し変りましたが。

今日は原稿3日目です。お泊り組も起きてきて朝ごはんも終わったようなので仕事始めます。
今日もいい天気ですね。



スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

blogram投票ボタン