FC2ブログ

未分類


シェークスピアつながりというわけではないです

先日「メタルマクベス」を観に行きましたが、そのあと今度は「ロミオとジュリエット」を観に行きました。
これまた宮藤官九郎さんの演出です。
今年西山は劇団四季さんの「恋に落ちたシェークスピア」も観に行ってます。今年はシェークスピアにご縁があるなあ。

でもこちらの「ロミオとジュリエット」は、ほとんど脚色なしで、松岡和子さん翻訳の脚本のままでの舞台でした。
いつもは現代ネタをぶち込んで笑わせることが多い、西山にはおなじみの役者さんたちが、シェークスピアの長台詞をとうとうと語る姿はちょっと不思議で新鮮な光景でした。

そうです、シェークスピアはとにかくセリフが長いんです。

たとえば、

「眠くなってきた」

と一言で言えばいいところを、

「宵の女神が魔法の粉薬でも大盤振る舞いしているのか。それとも瞼が俺に反旗を翻して誰か愛しい女のところにでも行こうとしているのか。おお今俺は柔らかく夜の衣に埋められようとしているのだ」(西山的勝手にシェークスピア)

とながながながなが言うのです。

昔はその持って回った言い方がとにかくうぜくて嫌だったのですが、この年になって聞いてみると、意外とイイ。面白い。聞いていると、なんだか気持ちがイイ。そして案外下ネタもたくさん織り交ざっているのです。
そんなこんなで最後まで見終わる頃にはちょっと泣きそうになっていました。

シェークスピア、今度ゆっくり読んでみようかな。
もちろん日本語で(^-^)。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン