FC2ブログ

未分類


ごあいさつページ更新しました

201812FRONT_convert_20181206161148.jpg

ごあいさつページ更新しました。
先月見た「BOHEMIAN RAPSODY」オマージュです(^-^)。
本当はもっとフレディまんまを描こうと最初は思っていたのですが、なんだかそうするとただの似顔絵というか、ネットに出回ってる映画の画像をなぞるだけになってしまうようで(その画像がとにかくカッコいいので超えたくない変えたくない超えられない)、自分なりに「QUEEN」を描こうと思うに至りました。それに、やっぱりもうすぐクリスマスですから。

クイーン人気は日本から火がついて、日本人はクイーンが大好きだそうですが、西山もクイーンが大好きです。
西山が新人賞取った「YUTA」という作品では、ネームの段階では主人公が歌うのは「WE WILL ROCK YOU」でした。
「DRAGON VOICE」もネーム段階では主人公たちに「WE WILL ROCK YOU」とか「TIE YOUR MOTHER DOWN」とかを歌わせていました。大人の事情で実現はしませんでしたが(実際使ったのはJACKSON5の「STATE OF SHOCK」。調べてみたらこの曲も実はマイケル・ジャクソンとフレディのデュエットの予定だったとか!)。

クイーンはフランスの日本人学校時代、クラスメートに紹介されてめちゃくちゃはまったのでした。
当時西山はまだろくに漫画の描き方も知らないけど漫画家を夢見る中学生でしたが、西山の頭の中には西山だけのキャラクターたちが住んでいました。大好きな歌とかをそのキャラクターたちに歌わせる妄想なんかをしていたのです。大好きなフレディもよくこのキャラ達に歌わせていました。
こういう話、20代30代だと恥ずかしくて人に言えないけど、このくらいになるとほのぼのしながら話せます。今思うと懐かしい。

映画の「BOHEMIAN RAPSODY」は最高によかったです。全編クイーンの音楽だらけでもう気持ちがいいったらありません。
名曲「BOHEMIAN RAPSODY」ができるまでのあたりがすごく面白かったです。才能ある人たちがアイディアにアイディアを重ねてすごいものを作り上げる過程って、やっぱすごいっす。

「ああ、このチームの中にいられたらなあ」

と西山思いました。
物語がどうとかテーマがどうとかではなく、やはりフレディとロジャーとブライアンとジョンの物語がアツくてアツくて、ラストに再現される「LIVE AID」の演奏がすごくて、西山泣いてしまいました。
フレディが実はインドからの移民だったことは知らなかったのでちょっとびっくりでした。ゲイであることにとても悩んでいたということも、改めて知りました。今はもう海外ドラマではゲイは当たり前の存在なのにね。辛かったのでしょうね。

このイラストではフレディ達そのものを描くことは目指しませんでしたが、フレディらしい直線的なステージアクションを描きたかったのでした。出来はともかく、がんばりました。

あー。
ライブエイド見たかったなー。あんなすごかったなんて知らなかったですわ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン