FC2ブログ

未分類


目黒シティランしたかウォークしたか

昨日目黒シティランに参加しました。先週の川崎国際多摩川マラソンに続き二本目の10キロのレースです。
上り坂下り坂のメリハリがあって下りはともかく上りはしんどそうだから、もしかしたら規定時間80分じゃ西山完走できないかも、と心配していましたが、とりあえず完走できました。
この10キロを25分で駆け抜けて表彰される人がいる中、西山は後ろから何番目という感じだったと思いますがびりではなかったようです。
そしてとりあえず今年の春走った表参道ウィメンズマラソン、先週のと少しずつタイムが縮んでいました。ほんと少しですが、やったぞ西山、という感じです。

さてしかし、坂道が多かったしここのところずっと頭痛があったし、てかそもそも10キロノンストップはまだ一度も経験していないので、今回も結構途中歩きました。(前回は数えるほどしか歩かなかった!)(それでよく関門間に合った)
しかも今回は2キロ過ぎたあたりで気持ち悪くなって早々に歩いちゃいました。
すると一緒に参加していた人が、

目黒歩く

とぶつくさ言います。
西山は歩きたくて歩くわけじゃないのに。あ、歩きたくなったから歩いたんですが、つまり走れないから歩くわけで。とにかく、イヤな顔してぶつくさ言います。歩くたびにイヤな顔します。
この人は先週のレースでも文句言いました。しかし、レース前にはこう言うのです。

「楽しく走ろうね。ニコニコしながら走ろうね」

スタート直前にも言いましたが、コレです。もー。
確かに10キロですからマラソン世界で言ったら小学生レベルのレースでしょう。ベテランぽいご夫婦ランナーたちが、
「まあ無理しないでね。おしゃべりできる程度の速さでね」
「そうそう、楽しく走る大会だものね、おほほほほ」
と笑いながら西山の横をさわやかに走り抜けていきました…。楽しく走れる人は走れるのだろう。
いいよ、西山のことはほっといて。先に行ってくれよっていうのに。
あとから聞くと、必ず「激励しているんだ」と言います。いやいや全然激励にならないし、そもそも、やっぱり楽しくは、ない…。

じゃあなんで走るんだ。
走ってる間のどが渇くだの、息が切れるだの、足が痛いだの、疲れるだの飽きるだのあるのに、どうして走るのだ…。

まあとにかく。
ぐずぐず思いながら、とりあえず沿道の応援に慰められボランティアさんにゲキを飛ばされながら、なんとか走ってフィニッシュできました。
しかしフィニッシュすると、何やらすっきり。汗だくだけど、息が切れるのなんかすぐ収まるし、やったね感だけが残る。
ぶつぶつ言いながら一緒に走った人とハイタッチして、コース中ああだったね、こうだったねと振り返るのももう楽しい。
やれたじゃないか西山、喘息でフランスの日本人学校の運動会で走ってる途中で倒れた西山が、マラソン大会全部欠席だった西山が、10キロ走れたじゃんか…。
うーん。
この走り終わった後のドヤ感のためだけに走ってるのかなあ~。みんなそうなのかなあ。

とりあえず、しばらくがんばらなくていいや~。ほああああ~。
来年年明け5キロマラソンに出るけどそれまではのんびりだ、ヒャッハー。

ちなみに走りながら音楽聞く人が大半だと思いますが、西山はこの日「マイティーソーバトルロワイヤル」という映画の音声だけを聞いて走る、というのをやりました。少しはツラいのをごまかせるかと…。ごまかせませんでした…。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン