FC2ブログ

未分類


カーネーション再放送が終わっちゃった

2011年のNHK朝ドラ「カーネーション」の再放送が春先からやっていたのですが、今日ついに終わってしまいました。

西山はこのドラマがとにかく好きで、朝ドラ西山ランキングでは「あまちゃん」「ごちそうさん」に並ぶ好き好きです。
デザイナーのコシノヒロコさん、コシノジュンコさん、コシノミチコさんのお母さん小篠綾子さんの物語を、尾野真千子さんが演じられました。
洋裁が好きで好きで好きでしょうがない、熱い熱い昭和女性。尾野真千子さんの演技が素晴らしい、わきを固める役者さんたちの演技が素晴らしい、脚本が素晴らしい、で、西山は朝から何度も泣きました。
どうも西山、最近の朝ドラの風潮として、「あんまり不幸に描きすぎない」というのがあるように感じています。
そりゃまあ朝から辛くて泣くのはどうよ、というキモチもわかります。やっぱ朝、前向きな幸せな気持ちで出勤したいものですものねえ。でもその分感情の掘り下げとかが軽いなあと感じているのですわ。
とにかく西山的にはそういうドラマは最近ないなあ、と…。今回の再放送を見て、やっぱり思うのです。

さて、それでも実は本放送当時すごく不満だったことがありました。
主人公糸子晩年の役を、尾野真千子さんから夏木マリさんに変わったことです。
西山はとにかく尾野さんの糸子に共感して芯から感動していたので、「なんで変えるんや」と、怒っていました。かなりお年寄りの糸子にもとっつきが悪い気もしていました。

その本放送から7年。
震災があったり、西山もそれだけトシを取ったり…で、
夏木マリさんの糸子も、大分理解できるようになっていました。
年齢を重ねるうちに感じる、自分の不自由さ、周りとのずれ、その中でも保とうとする自分、人生をとことん味わい尽くそうとする強さ…。
そんなものに、なんだか感動して見ていました。
こんな風に歳とって、こんな風なお婆さんになって、こんな風に往生したいなあ、と感じることしきり。

再放送を見てさらに新しく感じさせてくれるなんて、やっぱ素敵なドラマだったのでしたわあ。うんうん。
カーネーション_convert_20181029172153
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン