ニシヤマ的つぶやき


今度こそ日本へ。

9月25日金曜日 23時35分。
ハノイ空港8番出発ゲート前。

「…は?飛べない?」

「成田の方、台風12号の影響で悪天候だそうですよ」
ボーディングを待つ他の日本人客がそう教えてくれました。

…あー…。

そういえば今朝、ホテルで見ていたNHK WORLDで言ってたなあ。…それると思っていたのに…成田のあたりに上陸するのか…。

「じゃあ、何時に飛ぶんですか?」
「明日5時15分。五時間後ですね」

「は…!?」



西山と編集担当S田さんはすでにこのあまり面白くもないベトナム・ハノイ空港で5時間待っていました。乗り継ぎの都合、それはラオスに来る前からわかっていたことです。
なので西山ネームの道具も持ってきまし、ルアンパバーンでカオ・チーも買いました。

5時間前、ハノイに到着してトランジットの受付をしました。行きの時と違って、ベトナム航空のお姉さんは感じいいです。英語も結構話せます。しかもお夕飯、無料でふるまってくれると言います。
「エーほんとに!?やるなあ、ハノイー❤」

向かったのは待合スペースで2件あるレストランのうち2階にある方です。
ショーウインドウにはまずそうなスパゲッティや天丼の蝋細工が並んでいます。
「誰がこんな店に入るんだよなあ、ははははは」5日前通りかかった時はそう思いましたが。

「こういうことに使う店だったんですねえ」
トランジット客用の無料ディナーはメインとドリンクを一つずつ、4つくらいの与えられたメニューの中から選びます。西山はフォーとコーヒーを頼みました。
フォーは結構おいしかったです。コーヒーはベトナムコーヒーでした(練乳入り)。

ラオスの旅は有意義で楽しかった。
S田さんと旅を振り返ります。S田さん持参のI PADで今まで撮った写真を見ながら
「この時はこうでしたよねえ」
「あの時はびっくりしましたよね」
となごやかに思い出に浸ります。
なにしろ5時間です。
「ネームの打ち合わせでもしますか」
追加でビールやコーラを頼みながら、これまた和やかに楽しく打ち合わせです。
隣の席では外人さんが二人でトランプを始めました。本読んでいる人も、寝ている人もいます。でも店員は文句言いません。ここはトランジットの客のための店かもしれません。

そうこうしているうちに23時過ぎました。(結局西山ネームやりませんでした。(^_^))
店を出て1階のおみやげ屋で手元に残ったドルを使っちゃおうということになりました。
S田さんは使い切りましたが、西山は50ドル残りました。
そしてゲートの前に行き…飛ばないことを知りました。


「じゃあ、明日の5時までどうしてろっていうんです」
「2階のレストランででも時間つぶしててください」
列の後ろのお客はまだ気付かない。S田さんと西山目を合わせて「急いで戻りましょう」。
戻ると店は閉店準備中。通常12時に閉まるのです。
飛行機が遅れてここで待てと言われた、といくら言っても、店に入れてくれません。
あきらめて店を去ろうとすると、事態を飲み込んだ日本人客たちがこちらに向かってくる。
店員がほかの客の対応に当たっているすきにどやどや入ってくる。これってもう事後承諾?既成事実作り?
西山たちもついでに入りなおして席をゲットしました。日本人男性と女性(それぞれ1人旅)が相席をです。
店員さんがあわててどこかに電話している姿が目に入る。

なんかいやだなあ…。自分のこの行為を含めてだけど、我先に行っちゃうもんだ、こういう時って。
西山は心配性です。
このままみんなの不満や不安がエスカレートして、暴動がおきたりしないかしら。
「店に入れろー」とか、「てめー一人占めすんじゃねーよ」とかケンカになったりしないかしら…。
ヒトの見にくいとこ(自分のもだけど)見たくないなあ…。

しかしながらなにも起こりませんでした。
上からお達しがきたようで、日本人客たちに夜食を支給してくれることになりました。
さっきと同じようにいくつかのメニューの中から選んで、もらえるそうです。
西山もスパゲッティいただきました。さっき食べたばかりでおなかすいてはいませんが一応。

腹が膨らむとみんな穏やかになるもんだ。
というか、ハノイ空港、何にもしてくれないかと思っていたので西山もはらはらしてたんだけど、ちゃんとしてくれる、とわかったからかもしれない。24時間稼働している空港だとこういうことはよくあるのかも。

レストランに入りきれなかったお客はレストラン外の無駄に広い(何のためにあるのか結局分からない…もしかしてこんな時用か?)スペースでごろ寝したり、一階の待合スペースの椅子で寝たりすることにしたようです。
店の外には元気な大学生らしきツアーの4人組がいて、「イエーイ」と支給された夜食を囲んで記念写真を撮ってます。そのあっけらかんさ加減になぜか癒された西山。

同席の男性KさんがI POD TOUCHでインターネット始めて(電波はすごく悪いけど)、状況を教えてくれました。
「こりゃ明日5時にはでないかもしれませんよ」

…そうだよね。台風だもの。誰が悪いわけでもないものね。みんな分かってるから、怒るわけもないか…。

これも腹くくってネタと割り切ってこの事態を満喫しよう。めったにあることじゃなし。

そのうち、毛布も支給されました。
S田さんは席で眠り始めました。周りも結構寝てます。

…でも西山は眠れません。
今朝5時起きだったのに。プーシー登ってへとへとだったはずなのに。
…疲れすぎて眠れないのかも。あと、このレストランも明るすぎ。

しょうがないのでネーム道具を取り出しました。QBかりんの次回のネームを切る(描く)ことにしました。
2ページくらい切ったところで…ほらほら…眠くなってきましたよ…。京都でも…こうして寝つけたのだ…。

30分後。
は。
…目が覚めちゃった…。なんでやねん。
なんでこのフレーズだけは大阪弁になるんやねん…。じゃなくて。
シャーペン握ったままネームの上で突っ伏して寝てたか…。よだれは垂らしてないようだな。

気がつくと相席の男性も起きていました。
そこで世間話。
思い出して、ルアンパバーンのホテルからもらってきた「ウェルカムバナナ」を取り出して一緒に食べました。
ラオスのバナナは小さいモンキーバナナですが、こういうときにはエネルギーになるもんです。

そのうち座りっぱなしなので足がむくんで痛くなってきました。
そこでレストラン横のフットマッサージを受けに行くことにしました。
足と腰と頭、肩、40分やってくれて24ドル。チップ5ドル。…50ドル残しておいてよかったなあ…。
短パンに着替えてくれと言う。…まさか空港でこんな格好になるとは…。
でもイタ気持ちよかったです。
この空港の待合スペースになぜかフットマッサージの店が2件も、しかも24時間営業でやっている意味がようやくわかった…。

眠れぬまま4時半、ゲートに様子を見に行くとやはり5時には飛ばない。8時15分に延期です。

アイルーやったり…世間話したり…。

しているうち6時半。今度は朝食の支給が始まりました。今度はカレーをいただきました。朝からカレー…。でもいただきますよ。

そして7時半、ようやくアナウンスが成田行きのベトナム航空機の呼び込みを始めました。…やったー。

でも乗り込むとき、席を変更されました。私は大丈夫でしたがS田さんは席に着いた後も
「申し訳ありません、あちらの席に移っていただきますでしょうか」
「すみません、こちらに」
「やっぱりそちらに」
(結局私の隣に戻ってきました)どうやら8時15分にもともと飛ばすはずだった成田行きに、我々0時発だった客を詰め込んだようです。…詰め込めてよかったですけど。8時15分発の客はおそらく状況を知らないから、不満タラタラだろうな。

…とにかく、成田に向かって飛び立ちました。
各席の小さなモニターで映画を見れましたが、西山の脳みそはあまりむずかしいことができなくなっていたので、ひたすら「現在の飛行機のステータス」画面だけを見ていました。飛行機の現在位置を示す地図とか、高度とか、外の温度とか、あと何時間とかだけが表示されてるあれです。
こんなことは初めてです。
…少しは眠れるでしょうか…。



15時45分成田着。
DIE HARD 2のラストのように、台風で着陸できなかった各社の飛行機が列をなして次々とタッチダウンしていくのが見えます。うちも上空で3周くらいして着陸待ちをしていたと思います。


とにかく帰ってきました。はー。
最初から最後まで、ネタ満載の旅でした。

…東京、寒くなってんなあ。



ラオス日記 完









スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン