FC2ブログ

未分類


サマータイムマシン・ブルース

先日ヨーロッパ企画という劇団の、「サマータイムマシン・ブルース」というお芝居を見に行きました。
2003年に初演して、その後映画になったりした作品だそうで、今回はその初演と同じ舞台と、その後を描いた舞台と2本立てで見に行きました(締め切り前の日なのに(>_<;)/!)

大学の小さな部室を舞台にしたささやかなタイムトラベル物で、ドタバタコメディ劇なのですが、2本とも楽しかったです。
今ジムで走りながらアマゾンプライムでその舞台をもとにした映画も見ています。

ドタバタで物語としてはすごくミニマムな世界なのですが、妙に心に残りました。
あれかな。
舞台の上の「大学生」たちが、すごくリアルで、懐かしくなっちゃったからですかね。
西山大学時代は漫画研究会でわあわあやっててとてもとても楽しかったので。
こういうノリだったなあ、バカやったなあ、やりまくったなあ…
暇さえあれば部室に行ってだべったり絵を描いたり、時には楽しすぎて授業さぼったりしました…

そんなことを思い出しちゃったのですね。そういう力のある、舞台でした。
久しぶりに大学時代の仲間に声かけたくなってきたなー。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン