FC2ブログ

未分類


風に飛ばされるボランティア


先日また皇居ランナーのための給水ボランティアに参加しました。
東京35度の真夏日でしたが、給水拠点は木陰なのでとても快適でした。
しかしまあその35度の炎天下、汗だくで顔を真っ赤にしてとても楽しそうに見えないのに黙々と走る人たちに西山はココロでずっと叫んでいました。

「走るのやめようよ~」

本気で体に悪いですよ~。特に無料の給水だって言ってるのに「要らぬ」と目で決意表明してゆくランナー。摂れよ水分。
皇居を走るのは日本人だけではなく外国人もいます。観光で歩いてる人もいます。そういう人たちにも給水を呼びかけます。
英語で「水分摂って」は、

「Keep yourself hydrated」

というんだそうです。熱中症は「heat stroke / heatstroke」。「熱に攻撃された」ですよ笑。
とにかく攻撃されて負けないように水飲もう。塩摂ろう。

さてお配りする水やボカリが無くなったらボランティアは終了。おかたずけして解散です。
西山はビブスと軍手をつけてゴミ拾いです。
と言っても、皇居周りはそれほどゴミなんて落ちていません。不心得者が少ないビバジャパンです。
それでもたばこの吸い殻やアメの袋なんかが時々落ちています。

だめねえ

むしろこれくらい落ちてないと西山ゴミ拾いの甲斐がないです。
それらを拾ってさあ帰ろう…
その時、さわやかな風が、西山とゴミ袋を…

風と共に去りぬ

数少ないゴミが給水拠点に戻ってきた時には、ごみ袋の中はカラになっていました…。振り返ってももう、どこに行っちまったのか。
ありゃりゃ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン