FC2ブログ

未分類


あの人もヤンキーだった

最近昔の名作漫画がアニメ化されたりしていますね。
西山は先日吉田秋生さんの「バナナフィッシュ」のアニメ一話目を(走りながら)見ました。アニメを見るのは久しぶりです。
「バナナフィッシュ」は言わずと知れた、ニューヨークを舞台にした、ストリートギャングのボスで美少年のアッシュと日本から取材でやってきた日本人の男の子の物語です。マフィアの抗争やら麻薬やらが絡んだ少女漫画なのにかなりハードなお話でした。
アニメで見るアッシュは原作そっくりで、はあすごいなあと思いました。
さて、問題はそこじゃなくて

ストリートギャング…

美少年…

ああ

そういや、西山も昔々そんなお話を考えたのでした。
渋谷にチーマーだのカラーギャングだのが跋扈していたころ。そこでストリートバスケで悪の軍団?と闘う孤高の美少年の物語を描こうとして頑張っていたことがあります。
結局モノにならず、のちに気の弱いフツーな男の子が主役のバスケ漫画が生まれたわけですが。その時の美少年も単行本2巻の後半から登場しました。

渋谷を舞台にチーマーの抗争。ああ。描いたなーネーム。編集会議に提出とかしたんだっけ…。しないままで挫折したのかな。
今の西山だったらそれを読んだらどう思うだろう。描けるだろうか。
よし、あの頃のネームは捨てずにとってあるだろうから、見てみよう。
と思ったのですが、それは納戸に積みあがってる原稿の入ってる段ボールのどこに入ってるか、それをどうやって取り出したらいいのか、見当もつかず、諦めることにしました。あーあ。
でも、こんな感じの世界でした。そのころ描いた年賀状がコレ。

SAWAMURA_convert_20180802161610.jpg

なんともお正月には不似合い(笑)。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン