FC2ブログ

未分類


スクリーントーン,アデュー

IMG_8334_convert_20180720181629.jpg

知り合いの漫画家さんがスクリーントーンが足りなくなったというので、西山の手元にあるスクリーントーンのほとんどをお送りすることにしました。
西山はもうすっかりフルデジタルで、手元にある未使用の、大量の、山のようなスクリーントーンを一体どうしたらいいだろうと思っていたので、ウィンウィンです。
そういうわけで未使用のスクリーントーンを棚からだして、整理しながら宅配用の段ボールに詰めることにしました。
まずはキホンの61番から65番。薄墨のように見える、人物の影なんかに使うアレです。
それから砂目。ざらざらした感じで、服などに使います。
その他グラデーション、ホワイトトーン、様々な効果や模様のトーン…。
全部サヨナラ、です。

初めてスクリーントーンを買ったのはアメリカに住んでいた時です。
雑誌の漫画教室を見て、まんがにはスクリーントーンというものを使うのだと知って、サンフランシスコのダウンタウンにある画材やさんに行ってそれらしいものを買ったのです。ところがアメリカ製のそれは日本製のそれと違って「削る」ということができないのです。が、
西山は実はスクリーントーンを切ったりはったりが苦手でした。作業がザツなので、うまいこと出来ませんのです。スタッフにお任せした方が100倍きれいな出来になります。

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン