FC2ブログ

未分類


梅干しなのかどうか

IMG_8150_convert_20180626180958.jpg

今年の梅干しが完成しました。
昨年に引き続きほんの2週間で出来上がりました。
その昔は伝統的な方法にのっとって作っていました。つまり、

1.青梅をよく洗ってつぼに塩と交互に入れて涼しいところで保管。約1週間。

2.この間カビに注意

3.梅酢が上がってきて赤しそが出回ってきたら、赤しそを塩で絞ってその汁と葉を梅の上に置いて土用を待つ。約2週間。

4.この間カビに注意

5.晴れる日が3日ばかり続きそうな日を選んで天日干し。最後の日は夜露に当てる。

ここまでに約1か月。そして半年涼しいところで寝かせたら完成。ふう。

ところが最近は

「まず冷凍庫に梅をぶっこんでカチコチにして梅の細胞を破壊することで梅のエキスが出るようにする」

という技があって、しかも、

「ジップロックなどに漬けこんで冷蔵庫で梅酢が上がるのを待つ」

という技まであるので、2と4の心配は全くなく、しかもしかも、
「赤しそをつけなくても完成」
「天日干ししなくても完成」

それどころか、

「半年待たなくても完成」

とまで言うのです!
えええええーっ。
これで梅干しって、言うの??

確かに出来上がりました。西山は一応天日干しはしました。
ふにょふにょにいいかんじに仕上がって、試しに食べてみたらちゃんとしっとりしてて美味しいです。
赤しそを使うのをやめてもできています。まあ色はあんまりよくないですが(つまりとても自然色)。

いやまあ、カビができなくなってほんとに楽なんですが、これほんとに保存がきくんですかね。
いろんな技が見直されて、不必要な工程が省かれるようになって、それでもちゃんとできるんだから、よろしい。
でも、なにか、抜け落ちてないんでしょうか?西山それがちょっと気がかり…。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン