FC2ブログ

未分類


少年漫画から問うてみる

pin-up-Johnan.jpg

今朝のあさイチのテーマは「部活」でした。
部活。
今時、というか実は昔からだったは思いますが、大変なんですね。

強くなるために朝早くから夜遅くまでキビシイ練習に耐えなきゃいけない子ども。
学校によってはやりたくもない部活を全員強制参加という校則で部活をやらされる子ども。
子どもの試合のサポートのために土日どころか会社を休まなくてはいけない親。
プライベートをすべて殺して部活動に従事する先生…。

さて、西山は中高時代半分以上は海外だったので、ちゃんとした部活を経験したことがありません。
大学の漫研が最初で最後です。
ですから西山がもろもろ描いた部活ものは西山の夢と妄想で描いたものです(笑)。
でも夢と妄想だけでは描けないのでいろいろ取材に行きました。
…そうだよねえ、確かにあの時、親御さんたち、大変そうだったなあ。
そうだよね、部活が大変になるほど、勝ち上がるほど、子供たちを支える大人たちはもっともっと大変になるんだろう。
そして、強くなりたいとおもえば、練習はハードになるのでしょう。なんといっても、反復が練習の基本でしょうから。
正しく中高生を育てるために、部活は必要か、キビシイ部活は必要か、言われたら、うーん、どうなんだろう、と西山も思います。

でも、そうしてキビシイ練習、キビシイ練習があったからこその勝利、友情、感動、はスポコン漫画の大大大事な要素だから…
もしも漫画でもそういうキビシイの描くなって言われたら、困っちゃうんじゃないかなあ…
キビしくないスポコンも、成立するだろうけど…


少なくとも、西山が週刊少年誌に描いていたあの漫画もこの漫画も、生まれなかっただろうな( ̄ー ̄)。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン