未分類


「人物を手早く描く基本」

IMG_7162_convert_20180409204845.jpg

先日人物を描くのに色々教えてくれる良い本をいただきました。

羽川幸一先生の、「人物を手早く描く基本 男性編」ホビージャパン刊 です。

短時間、例えば1分とか5分とか、30秒とかで、人体の動きを把握して描くジェスチャードローイングのコツを教えてくれます。
羽川先生の鉛筆の線もとても美しいです。人体を描く勉強したい方はぜひ手に取ってみてください♪

実は羽川先生は、西山が「講談社フェーマススクールズ」の生徒で、男性ヌードデッサン教室に通っていた時の先生でした。
週刊少年誌で男の子アイドル漫画を描いていたころ、細い体の男の子ばかりを描いて、デッサンが怪しくなっていました。
連載が終わった頃、ちょうど男性ヌードデッサン教室が始まることになって、渡りに船で西山通い始めたのでした。
羽川先生とはそれ以来の飲んだり食べたり友達でもあります(^-^)。
その教室には男性の筋肉やら骨やら血管やら(!?)が好きな偏った目線の楽しい仲間たちがたくさんいて、西山はとっても楽しい時間を過ごさせてもらったものです。
モデルさんはいろんな国の外国人男性で、描きたいポーズを生徒からあれこれお願いさせてもらっていたので、ほんとに楽しかったです。仕事が忙しくなったところで、西山は通えなくなったのですが。

ですから、この本を見るといろいろ思い出して懐かしくなりました。
大きな紙に鉛筆やコンテで大きく腕を動かして描くデッサン、またやりたいなあ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン