FC2ブログ

未分類


愛すべき図書館

西山は決して読書好きなコドモではありませんでした。
なので子供時代学生時代図書館にはあまりご縁がありませんでした。

でもオトナになって漫画家になって、調べものしなくちゃいけなくなってくると本は必需品。しかも題材によってはものすごく高価だったりもう絶版だったりして本屋さんで手に入らなかったりします。
あるいは…
この題材で連載の企画を立てよう、として本を大量に買ってもその企画が通らなかったときはその本はもう不要だったりするわけです。見るとちょっと切なくなったりさえします。
そこで図書館の出番です。
手元に置けるのは2週間ばかりですが、ありがたいことに無料で読めて必要かどうか確認もできます。そのあとずっと手元に置きたいと思えば改めて買ってます。
しかも最近の図書館はネットから欲しい本の在庫を調べたり予約して区内の図書館から取り寄せたりしてくれるのでほんとにありがたいです。
仕事以外でもちょっと気になる本も借りてます。本によっては180番目の返却待ちだったりもします。
西山も先日75番待ってようやく借りることができた本があります。コミックエッセイなので1時間で読み終えちゃったんですが…。

最近では、出版社から新刊は置かないで貸さないで、という声も上がってるそうですね。
図書館の予約取り置きの棚には人気の新刊がずらりと並んでいるのを見ると、わかる気がします。
小説や文章書く人にはちょっと困りものですよね。書き手としては悩ましいところです。
まんがはあまり図書館に置かれないのでアレですが…。

紙の本はどんどん市場を狭められています。
図書館と本屋さんうまい事共存できるように西山も上手に使いたいです。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン