未分類


海のトリトンを知っていますか

台所で料理しながらテレビの甲子園中継を聞いていたら、ふと耳慣れた曲が聞こえてきました。
それでつい一緒に歌ってしまいました。

♪「す~いぃ~ヘ~いぃ~せ~んの彼方には、あああ~」

あれ?これなんだっけ。なんで西山歌えるんだ?

で、気づきました。
ああ、これ、「海のトリトン」じゃん。
西山が小さい頃に大好きだったアニメです。
その主題曲を、出場校の応援団が演奏しているんです。
で、ついついつられて続きも歌う。

♪「な~にぃが~あある~とぉいうのだろお~」

西山にとっては懐かしい、大好きだったアニメの歌です。
しかししかし、これを演奏してる応援団のみなさん、「海のトリトン」を、果たして知っていますか?
地上波じゃもう夏休みにだって再放送やってない。スカパーの懐かしアニメチャンネルならやってるかもだけど、そういうわけで平成生まれの彼らが知っているとは到底思えないわけですよ。
演奏してるブラスバンドのみんなだって、よく知らないけど教えられて「トリトン」という名のなんだか景気のいい曲を覚えさせられたんじゃないでしょうか。

かつてラオスから帰国した西山が転入した普通の区立の小学校では各学年音楽のレパートリーがいくつか決まっておりました。
その中には「アトム」とか、「ソラン」とかがありました。
アトムはまだわかりました。
でも、「ソラン」は全く分からない。

「『ソラン』って、なに??」

誰に聞いてもわかりませんでした。
「今日これ練習しまーす」という日直の男の子も時々間違えて黒板に「ソラソ」と書いていたし、うちの代でわかる子は誰もいなかったです。
それが昔々の、西山もまだ生まれていないくらい昔のアニメ、「宇宙少年ソラン」のことだと知ったのは、なんと漫画家になってからで、手伝ってくれていた大学の後輩が持ってきた「アニメ全曲集」にあの曲が入っていたからです。ひゃー。

きっと今テレビから聞こえてくるトリトンも、誰もわからず演奏しているのだ。
「海のトリトン」。かつてはほんとに飽きるほど再放送されていました。西山もそれで知ったクチ。
彼の出生の秘密がついに解き明かされると言う回の時、すごく楽しみにしてテレビにへばりついていたら、いきなり緊急ニュースに切り替わって、秘密がわからないままになってしまいました。今でもわからない。
「お母さん、ひどいよ、毛沢東とか言う人が死んだからって、トリトンが中止になっちゃった」
そう言ったらお母さんがものすごくびっくりして「あんたばかね!」と飛び出していきました。
外交官の奥さんとしては至極真っ当な反応でしょうが、西山はものすごくもやっとしたものです。
 

違ったそれはバビル二世だった。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン