未分類


バベルの塔を見に行ったけれどもタラオ

BABEL.jpg

先日みんなとブリューゲルの「バベルの塔」展を見に行きました。
大友克洋さんが「INSIDE BABEL」という、バベルの塔の内部の絵を描いて、それをデジタル的に合成した、ということでも話題になりました。

ピーテル・ブリューゲルは16世紀のネーデルラント絵画の巨匠です。
西山、ベルギーに赴任していたお父ちゃんがまだ存命の折一緒にベルギー王立美術館に行ってこの人の絵を見て好きになりました。
この「バベルの塔」とか、「イカロスの墜落のある風景」とか、「東方三賢王の礼拝」などで有名です。

でも西山そのブリューゲルが、ヒエロニムス・ボスという人と一緒に展示されるのか全然わかりませんでした。
だってボスという人の描く絵はこんな感じです。

TARAO.jpg

展覧会では「タラ夫」という名で通っています(笑)。
この人は他にも、

MOULE.jpg

「ムール貝」

樹木ニンゲン

「樹木人間」

向こうではモンスター、日本的に言えば「妖怪」です。
こんな奇妙な世界観の絵を描く人と、ブリューゲルが西山的には全然つながらなかったのです。
でもブリューゲルはこのボスから大きく影響を受け、初期にはかなりボスっぽい珍妙な絵も描いていたのです。なるほど、それで一緒に展示したんですな。

東京都美術館のホームページでは「キモかわいい」と評されていましたが、西山にとっては「キモかわいい」はただの「キモイ」です。
だからブリューゲルしか興味ないな、と思って行ったのですが、思った以上にボスが面白くて、すっかり魅了されて帰ってきました。
一緒に行ったみんなも同じように感じたようです。

そのあと東京藝術大学で展示されているバベルの塔を立体化したオブジェも見てきました。

IMG_2697_convert_20170702100513.jpg

自分の顔を写真にとって、塔の中で働くCG人間にはめ込んで、「バベルの塔で一生に働こう」というイベントもやっていました。
西山もやってみましたが、小さすぎてどれが自分だか結局わかりませんでしたが。

東京藝術大学の皆さんは他にも、デジタルとアナログを駆使してこのバベルの塔を拡大して再現するプロジェクトもやっていました。「クローン文化財」と言って、大事な文化財の複製を残しつつ、再現することでわかることを研究してるんですって。すごーい。

そうだよね。

見るだけ、コピー取るだけじゃだめ。
やっぱり、よく見て、自分の手で筆で再現するからこそ分かることって大きいものね。
西山もね、そー思って今回テキトーだけど、自前の手で再現して描いてみたんですよ(^-^)。
カタログ買い損ねたんで。えへ。

あっ。ちなみに西山「ボスって誰だ」と思っていたんだけど、ボッシュのことでした。なんだー。
ボスがオランダ語、ボッシュはドイツ語なんですって。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン