未分類


ガーデニングに見る弱肉強食

<IMG_1923_convert_20170502203634.jpg
昨年秋に植えたソラマメが知らないうちに育っていました。
葉っぱと色も形もよく似ていたので全然気が付かなかった次第です。
収穫したとてそんなに量は望めませんが、収穫時期までにもう少し大きくなるといいなあと思っています。

ソラマメもパンジーもそうですが、実は選ばれて残ったものだけが今うちのプランターで育ってます。
つまりいくつかのタネを土に蒔いて、元気のいいのだけを残してあとはサヨナラするわけです。
細い芽、弱々しい芽などです。
西山、庭仕事しながらいつも思ってしまうんですよねー。

「もしかしたらこの芽が弱々しいのは今だけで、大器晩成的に後々すごく大きく育つかもしれない。
でも判断されるのはその双葉くらいの時で、
その時までに文字通り芽を出しておかないと生き残れないわけで。
そこにいると隣の元気な芽の邪魔になるという理由で土から抜き取られちまうんだ…
だって、栽培する土の面積には限りがあるんだから」

庭仕事していて、この、芽を選ぶ時が一番しんどいです。

抜く側というより、抜かれる側のキモチになっちまうんでしょうねえ。

場所がある時は抜き取った芽を捨てずに、違うところに連れて行って育てることもありますが、ほんと時々です。
今年は種から育ててるコスモスを植え替えましたが、ほとんど捨てずに済みました。
みんな頑張ってほしい。
自分も、頑張るから。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン