未分類


ハンバーガー、作る

IMG_1979_convert_20170502190403.jpg
ハンバーガーを、作りました。
突然ハンバーガーをイチから手作りしてみたくなり、このゴールデンウィークの課題の一つといたしました。
パティは肉をたたくところから。バンズも手作り(一部機械任せだけど)、です。

バンズ用の型があるそうですがお高いので、ネットの情報を参考に牛乳パックとアルミ箔で手作り。直径12センチの大きなバーガーを目指しました。
IMG_1969_convert_20170502190301.jpg

バンズ作るのは初めてだし、ホームベーカリーで食パン役以外パンを作るのも初めて。だからとても緊張していて慎重に慎重に作業を始めました。
パンは一次発酵、切り分けて成形して休ませたら二次発酵、それから焼くというのが手順。(ホームベーカリーだと材料ぶっこんでスイッチオンするだけ)。というわけで一次発酵はホームベーカリーにお願いすることにしました。発酵のための温度管理が結構大変だからです。で、ホームベーカリーのケースに材料を慎重に測り、スイッチオン。強力粉を冷蔵庫にしまいながら、

「そういえばこの前間違えて買った中力粉、つかわないんだよねえ。でも何とか使い切っちゃわないとなあ…」

そこまで思った時、はっと冷蔵庫に入れようとしている自分の手の中のモノが
「中力粉」
と書いてあることに、気づく。いきなり、今頃気づく。
「~~~~~~~~!!!」
中力粉でも多分膨らむ。ああ、でもならないかも。あーあーあー!!
で、慌ててスイッチを止め中身を取り出しました。材料を合わせたばかりのそれはべたべたで手にくっつくは、型から剝がれんは。

「これはこれで、何とか、しよう。なるはず。とりあえず、強力粉で正規のバージョンを」

そして再びケースに材料を順番通りに入れる。ホームベーカリースイッチオン。
ところが、なんか音がおかしい。なんだっけ。この音、聞いたことある。この、なんも引っかからない感じの音…。
「~~~~~~~~!!!」
ハネを取り付けるの、忘れてた~!!(材料をかき混ぜるための部品。コレがないとなにも混ざらない)またまた慌てて材料をかきわけハネをなんとかなんとかとりつける。
パンというのはイースト菌を入れる順番というのがあって、いきなり水につけると脹らまなくなるとか何とかで、ホームベーカリーでは
いきなり水に浸からないように、ケースには粉類を挟むようにして入れるのです。
それを今回、ハネを取り付けるためにぐっちゃぐちゃにしてしまった…。
あかん。もうきっと、膨らまない。あーあ…。
それから先の失敗中力粉バージョンをなんとか手で練って発酵させて焼くことにするのですが、それもべったべたに手に張り付いて、全然まとまらない(最終的にはなんとなくまとまったけど)。
他の料理の準備をしたのですが、材料焦がすは、入れ忘れるは、塗り忘れるは、固まらないはで、数時間の間にやらかした失敗の数々にもうしょんぼり…。

でもでも、発酵にはいい季節だったようで、2時発酵に使ったオーブンレンジが抜群の仕事をしてくれたようで、

IMG_1965_convert_20170502191205.jpg
いいカンジにふっくら焼きあがりました~!

IMG_1968_convert_20170502190215.jpg
西山史上、見たこともない見事な焼き上がり!!
ほぼほぼ直径12センチのバンズが(中力粉バージョン入れて)12個も焼けました!ヒャッホー!

この日はそのほかコブサラダと
IMG_1975_convert_20170502190443.jpg

ポークグリルと
IMG_1980_convert_20170502190516.jpg

デザートにブラウニーを焼いてアイスクリームと一緒にしてジャーデザートを作りました。
IMG_1981_convert_20170502190536.jpg

それにしてもハンバーガーは具を積み上げるのもちょっと大変。
思い切り贅沢にしようとグリルにした玉ねぎやアボカドトマトを乗せようとしましたが次々崩落。チーズバーガーにしようと焼いてるハンバーグの上にチーズを乗っけてふたをしたら、あっという間に溶けてドロドロになっちまったりもしました。
お店の人、大したもんだぜあんた。
と、感動。


なんだかんだ言ってなんとかなったバンズづくり。先週のシフォンケーキ(洞窟はできてたけど)に続いて、

「まだまだ自分できることがあるなあ。できるようになることがあるんだ」

と思えた一日でした。


でも実は、ガスパチョも作って冷やしてあったのに、すっかり忘れて食後に思い出したという、オチがつく。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン