未分類


話したい時は会いに行くひよっこ

西山は昔から早寝早起きさんです。今は超早寝早起きです。
だからというわけではありませんが、朝ドラを結構見ています。
特に「カーネーション」「あまちゃん」「ごちそうさん」は西山の3大お勧め朝ドラです。

今やっている「ひよっこ」ですが、西山はじめはそんなに乗り気じゃありませんでした。
何をする何を描くドラマだかよくわからず、駄作の匂いがしたので(西山のこのカンは結構当たる。外れるときもあるけど)。
でも今は毎日楽しみにしています。嬉しい予想外れというか。先週なんかはちょっと泣きそうになったりしました。

西山がとても感じることは、「触れる」ということです。
昭和30年代の物語なので、その世界にはインターネットがありません。SNSもメールもネット検索もありません。電話もまだ全ての家庭にあるわけではないみたい。

だから、友達に嬉しいことを報告するときには、自転車をこいで会いに行く。

思ったこと言いたいことは会える時まで取っておく。
手紙を書く。
友達が困ったときは駆け付けて声をかける。顔を見る。手を握る。触れる。

もちろんなかなか思いを伝えられないから不便だし。
うざいこともあります。だから顔も声も出さないSNSやメールは便利だったりする。
でも、直接顔をみて、言葉を交わして、触れた時は、液晶画面の文字では伝わらないことが、伝わるなあ。

と、特に今朝の「ひよっこ」を見て思ったのねん。

文字で伝わらないこともあるから、顔文字やスタンプが出てきたんだろうなあ。
というわけで、スタンプ買ってほしいなー❤
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン