未分類


MY WAYなトシになったのかしら

西山はAmazonPrimeに加入していますので、AmazonVideoで海外ドラマをスマホにダウンロードしてそれ見てジムで走り、台所でAmazonMusicを聞きながら料理してます。

今西山がお気に入りなのが映画「Sing」のサントラです。
今公開中の映画なのに、プライムで聞けるようにしちゃっていいの?といぶかしがりながらも聞きながら踊りながら料理しています。
Singの収録曲には昔懐かしの洋楽のカバーもたくさんあって、それがまあ西山年代にドンピシャ。ますます踊らされるわけですよ。

さて、その中に「My Way」という往年の大スターフランク・シナトラの曲のカバーが入っています。

この曲、西山がピアノを習っていた中学高校の頃よく弾いていました。素敵な曲ですよね。
自分で弾き語りするか、うちのお父ちゃんがナルシスチックに歌うか、とにかくよく弾きました。そんな難しい曲じゃないんです。
でも正直歌詞にはピンと来ず。
だってこれは死に瀕した主人公が、今までの日々を、後悔していない、誇りをもってやってきたのだと振り返る歌なのです。
中学高校のお子様にはやっぱちょっとわかんないすっよ~。

それが今はなんだかすごくしみじみしちゃって、歌詞の中の「ファイナルカーテン」まで想像出来ちゃったりして、とにかく、料理しながらなんかぐぐぐとしてちゃったのです。

何歳設定でシナトラは歌ったんだろうと調べてみたら、53歳ですって。
うちのお父ちゃんは歌い上げていた頃は47~8歳だったか。
そーですかー…。


なんかまたピアノ、弾きたくなりました。
マイウェイ
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 

Back      Next


blogram投票ボタン