HARLEM GO-TEN

こんにちは。漫画家西山優里子の公式ブログです。ゆっくりしていってね。

一万分の一になってきた 

未分類

IMG_2650_convert_20170625065228.jpg

昨日SCRAP主催の「リアル脱出ゲーム大パーティー」に参加しに西武球場、もといメットライフドームに行ってきました。

リアル脱出ゲームとは、謎を解きながら閉鎖された空間(大型客船とか廃工場とか)から脱出するネットなどのゲームを、リアルに場所を借り切って謎を解いて脱出する参加型のゲームです。要するに例えば謎を解くとどこかに行けという指示が出て、行くとさらに謎が待っている、という風にして最終的に脱出するための答えを探すのです。謎と言ってもなぞなぞレベルではなくほんとにほんとに難しくてこれでもかっていうくらいひねってる謎がたくさんなのです。
このSCRAPというイベント会社が初めて商標登録したそうです。

西山、昨年あたりからこのリアル脱出ゲームにちょっと興味を持つようになって、SCRAP以外の主催のゲームに参加してきましたが、このSCRAPのは初めて。
SCRAPがリアル脱出ゲームを始めて10年目の記念大イベントというわけで、1万人が参加。
第一部の昼から夕方まではいろんな謎を用意しているブースがあって、西武球場の中や外を走り回ってヒントを探し回り、
第2部では一万人が同じを謎にチャレンジするという一日がかりの大イベントでした。

西山は今回も謎解きに失敗しました(ノД`)・゜・。。今回はほんと手も足も出なかったです。
でも謎解きの解説を聞いて、はああっ、なるほど、そんな趣向が凝らしてあったとは!そんなところにそんなお金を賭けて仕掛けを作ってあったとは!って感じで解けなくても面白かったです。


このリアル脱出ゲーム、ほかにもいろんな会社がやっています。西山昨年は夜の花やしきで開催されたのに参加しました{解けなかったけど)。でも不思議なくらいネット上にその謎や解答は出回ってないんです。
もちろん各主催者が「みんなに教えたらつまらなくなるから教えないで」と言ってるからですが、そんなこと言われたからって守る人だらけじゃないですよね、今の世の中。
でもやっぱり謎解きって、

「教えないで!自分で解きたいんだから、解いた達成感欲しいんだから、言わないで!」

ってところがあって、謎ときに参加する人たちはそれがわかってるから、解いた人もネットでたねあかしたりしないんでしょうね。

まああまりにもわからないから、ちょっとでいいから、ちょびっとでいいからヒントちょうだい。答え教えてってときもあるんだけどもね。答えがわからないままは解けないことと同じくらいもやもやしますからね。

ちなみに今回の一万人で参加した謎解きに限ってSNSなどでの発信公開オッケーだそうです。
まあ謎を紹介されても、ヒントの一部が参加した一万人の一人から偶然選ばれた人の誕生日だったり、西武球場の看板?の一部だったりして、昨日のあの時あの場所じゃないと解けない問題でしたけれども。

それにしても一万人がスタンド内野席に座って一斉に問題用紙に向かうのって、模擬試験や入試試験みたいだなあと思いました。
スクリーンに問題のヒントが映し出されましたが、普通はいろんな場所を走ったりチームで分担して回ったりしますから。


勉強はイヤなのに、どうして謎解きはみんな夢中になるんだろう、ね?(^-^)
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

隅田川を走る 

未分類

IMG_2628_convert_20170625075117.jpg

先日ちょっとしたイベントがあって梅雨の晴れ間に隅田川を走りました。ちょっとだけど。
ちょっと暑かったけどいい天気だし川沿いが整備されているので気持ちよかったです。
スカイツリー見放題です。

IMG_2632_convert_20170625074414.jpg

隅田川は台東区中央区荒川区と接しているので、整備のされ方が微妙に違うので、走っているとそれぞれの区の考え方やお財布事情や見えてきて面白いよ、と一緒に走った人が教えてくれました。
うーん、西山三つの区をまたがって走るのはまだまだ無理だなあ。暑いし。でもそういうのを考えながら川沿いのスポーツ施設やらを見るのは楽しかったです。

帰りは浅草線に乗ったのですが、浅草線のホームドアに描かれていたのがコレ。

IMG_2633_convert_20170625074557.jpg

ほっこりしました~(^-^)。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

販促用に描きました 

未分類

繧ク繝」繝昴ル繧ォ縺ョ豁ゥ縺肴婿雋ゥ菫ダconvert_20170623165808

キャンペーンとかの時だけちょこちょこ宣伝するのもアレかと思い、電子書籍の販売促進のため、西山の全作品の販促イラストを描いてネットの世界で漂い続けてもらおう、と思い立ちました。

まずは「ジャポニカの歩き方」です。
電子書籍の書店によっては時々何かしらお得なキャンペーンもやっているかもです。
のぞいてみてください。よろしくでーす(^-^)b。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

西山、輪切りにされる 

未分類

「腕が痛いけど、湿布を張ったらよくなった」
と、昨日書きましたが、その湿布が無くなりそうなので今日なじみの病院に行ってきました。この病院高齢者医療とスポーツ外科に力を入れてる感じの病院です。

「ストレッチのしすぎだと思うんで、湿布をいただければ」
てへっと笑ってそういえば湿布だけ処方してくれるかと思っていたのに、西山の話を聞いて腕をいろいろいじって言いました。

「これ、腱が切れてるかもしれないよ。MRIを撮りましょう」

は!?
ケン!?

MRIとはご存知人体を輪切りにしながら細かく撮影するアレ。今回は腕だけです。腕と肩に丸いリングのようなものを通してあのドームの中に入ること30分。
それからレントゲンも撮って、再診察。
センセイ、西山のMRI画像を見せながら

「ここのね、肩の上のところ、うーっすらと剝がれてるんだ、腱が」

ええええー
「ここの腱が傷むと腕のそのあたりが傷むようになるんだよ」
西山、ストレッチポールでストレッチしてただけなのに…。やりすぎ?がんばりすぎ??
「ストレッチのやりすぎか、加齢かはわかりませんけどねー」
おまけに

「注射もしましょう」

え、え、ええええー!?
ずいぶん久しぶりに見るヨードチンキの赤い消毒薬を件の肩のあたりにぐりぐり塗られ、先生自ら注射。
病気じゃなくて検査じゃなくて、こんなアスリート的な?理由で注射されるなんて西山人生初めて。
肩注射

「どう、ちょっと楽になりませんか?」

…、
おう、
確かにずいぶん痛いのが無くなった…気がする。
そして痛み止めの湿布を処方してくれて、おまけにおまけに、

「3週間後に予後を見せに来てください。それまでは週に一度はリハビリに通って」

えええー、リーハービーリー!??

ちょっとやる気満々でストレッチポールの上をゴロゴロしただけで、こんなことになってしまいました。
腕のストレッチは相当先まで控えめに、と言われてしまいました。

人生は意外ときゃしゃで繊細。
まあ、雑に扱ってるせいかもしれませんが。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

人体は連鎖する 

未分類

昨夜未明に頭が痛くて痛くて目を覚ましました。
こりゃもう薬を飲まなきゃ耐えられん、太るとか言っておれぬほど痛いので、打ち合わせ用に作った貧乏人ケーキを食べて薬飲んで、しばらくのたうち回っているうちに寝てしまい、目が覚めたら少し良くなっていました。


なんで頭が痛くなったかというと、昨日、打ち合わせ後ジム行って一時間走ったからです。
西山走ると数時間後に頭が痛くなることが多いので困ってます。
→なんでかと痛くなるかというと、走っている間の酸素不足だそうです。
つまり効率的に酸素を体に取り入れていないので、脳が酸欠になって痛くなるんだとか。
脳ですか!酸欠ですか!?これだけ聞くとなんだか大事ですが、結構これで悩んでいる人は多いそうです。
→で、どうすればいいかというと、ストレッチをして胸を大きく開いて酸素を吸い込める体にするのがいいんだそうです。
そういうわけで西山ストレッチを始めました。
ストレッチをしているjと、西山の頭痛のツボである肩甲骨の裏をぐりぐりしたりや首の凝りなんかにも効くので、自然と頭痛も減ってきたような気がします。
→ところが、ちょっとやりすぎて最近右腕が痛くなりました。後ろに回そうとすると二の腕から肩にかけてビキビキビキっと痛くなります。
→というわけで、しばらくストレッチをさぼり気味になっていました。
→多分それでランニング後頭痛復活。

人間の体って繋がってるんだよねえ。

でも人に言われてロキソニンの湿布薬を張って一晩寝たらその腕の痛みが半分くらいになっていました。湿布なんかで治るもんかと馬鹿にしていましたが、結構効きました。

そういうわけで、もう少し治ったらストレッチ再開です。そしたらきっと酸素吸えるようになって、頭痛もなくなる。はず。
人体は繋がってるから。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

kosumos1.gifa-tonb.gif

 プロフィール


 最新記事


 最新コメント


 最新トラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリ


 FC2カウンター


 検索フォーム


 RSSリンクの表示


 リンク


 ブロとも申請フォーム


 QRコード


blogram投票ボタン