FC2ブログ

HARLEM GO-TEN

こんにちは。漫画家西山優里子の公式ブログです。ゆっくりしていってね。

名探偵ピカチュウを見て… 

未分類

ピカチュウ

昨日上映中の「名探偵ピカチュウ」を見に行きました。

ピカチュウはかつて仕事場全体でそのかわいらしさにメロメロにされた経緯がありますが、見に行ったのは、何か見ないと、ポイントが消失するとか、まあ、そんな理由です。
映画に関していうと、ピカ、ピカピカピカピカ。ピカピカピーピカーピピカピカ
つまりピッカピカピカピッカーで、
全体的にはピカピカ―!ピカピカ、ピカピカ―でした。

ピカチュウは、かわいかったです。声はおっさんですが。他にバリヤードというポケモンがいてコレが愉快なやつでした。
西山、ポケモンはアニメもニンテンドーのゲームもよく知りませんが、スマホアプリポケモンGOを配信スタート時からずーっと遊んでいるので、そういう目線で見れたのでピカピカピカでした。
でもピカピカピカ、ピカ、ピカピカピー、ピカピカ。ピカ。
まあ、そういうことです(^-^)。

来月の「アラジン」の実写が楽しみな西山でした。仕事します(^-^)。

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

アボカド中 

未分類

IMG_3372.jpg


にょきにょき伸び中です。だいぶ伸びました。
伸びるのはこのへんでいいから横に広がってほしい。あともう少し緑っぽくなってほしいんだけれども。

とりあえず我が子の背比べを見守る気分の西山(^0^)。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

萌え上がる東寺展 

未分類

IMG_3351.jpg

昨日病院の外来のあとに思い立って東京国立博物館で開催中の「国宝東寺ー空海と仏像曼荼羅」展を見に行ってきました。
西山の大大大大大好きな東寺の仏像様たちが東京まで出張してきてくださるのです。西山は何とかして見に行きたいとずっと思っていました。

IMG_3321.jpg

平日の昼間でしたが案の定ものすごい行列でした。90分待ちです。コレ、土日祝日だったらどれだけの行列になるんだろうとガクブル。

展覧会前半は後七日御修法という国家安寧などを祈る儀式に使われる空海由来の密教道具などの展示。
後半は東寺に鎮座される仏像曼荼羅の仏像の展示です。
そこには西山の大大大好きな持国天様や増長天様、如来像、菩薩像さまの実物がラインナップです。(全部来てくれたわけではなかった…そりゃそうか。そうでないと東寺をみんなで留守にするわけにいかないもんね)
そしてそして、
西山の大大大大好きな帝釈天様が!
何とお写真撮り放題です。きゃっほー!

IMG_3322.jpg
IMG_3348.jpg

ああ!相変わらず、素敵!イケメン!
この時ほど、スマホのカメラの実力の高さをありがたく思ったことはありません。
ありがとうございましたー!

昔京都を旅行した折に東寺を拝観させていただいた時は、とにかく帝釈天や持国天広目天など八部衆にばかり目が行ってきゃーきゃー言っていたのですが、今回は如来像や菩薩像にもココロをほだされました。癒されました。ああ、ありがたい。

それで、思わず思っちゃったのです。

仏像

とか、

イラスト2

西山は特に仏教徒というわけではありませんが、ないからこそこんな失礼なことを思っちゃうわけですが。
家にいてくれたらなー。
疲れた時とか落ち込んだ時に膝にすがることができたらすんごく癒されるなー、とか思っちゃいました。

いまこうして絵に描いただけでもとても癒されました(^ー^)。
これで仕事できます。おー。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

それでも忘れがたいホワイト 

未分類

IMG_3368_convert_20190523184402.jpg

先日ちょっとした御用でアナログでの絵の修正の仕方を人に教えることがありました。
ところがもうずいぶんとデジタルばかりで絵を描いてるもんですから、修正の仕方がとっさに出なくて焦りました。
その話を人にしたら、

「そういえば「ドクター・マーチン」の「ペンホワイト」、日本国内の取り扱いが年内でおしまいになるようですね」

と、いわれました。
そこで思い出しました。
あ!
ああ!
そうだ西山、細かいところはこの「ドクター・マーチン」の「ペンホワイト」をペン先に付けて修正していたんじゃないですか。
最近はこのペンホワイトも机の上から棚の中にしまい込んでしまっていたので、ほんとに忘れていました。ひゃー情けない。

というわけでおもむろにペンホワイトを棚から出してきてペンにつけて描いてみました。
…あー。
これじゃん…。このやり方で20年近くやってきたってのに、もー…。
描きだせばもちろん思い出す西山の五感(^_^;)。
そういうわけでそのやり方を改めて件の人に教えました。

さてそうなるとその、年内で日本国内から姿を消すのが何だか惜しくなってしまいました。棚を確認したらこの一本しかなかったからです(正確には使えるのが。残りは中がばきばきに乾燥しきってて使えませんでした)。
しかし今日通りすがった画材屋さんにはすでになく…。

今、行く先々の画材屋さんで「ドクター・マーチン」の「ペンホワイト」、物色中です。待ってろよ~ペンホワイト~。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

間違えてなかった茶席 

未分類

先日庭園美術館で催された「重要文化財でわかる茶会」というワークショップに行ってきました。
庭園美術館内にある茶室「光華」は重要文化財に指定されているのですが、そこでこれまた恐れ多い茶器を使ってお茶菓子とお茶をいただきながらお茶の作法をざっくり教えていただく講座です。

IMG_3236_convert_20190522164656.jpg

お茶はちょっと前に「GINZA SUGARS」で取り上げて、お茶の作法をざっくりと描いたところでした。

茶席_convert_20190522165401

しかしいろいろ調べて描いただけで、西山自身きちんと経験したことはなかったので、間違っていなかったかひやひやものでしたが、とりあえず、大きくは外していなかったようで(^_^;)。よかったよかった。
特にお茶席のおいては畳縁が主人とお客の「結界」だそうで、畳縁から16センチくらい離れて座るものなんですって。
それを聞いて西山のアタマの中であの時描いたページのことがよみがえって来て…畳縁…畳縁…多分踏んだり乗ったりした図は描いていないはず…16センチくらい離れてキャラを描いたはず…。

と思って確認したら、画面が切れてるので畳縁描いてなかった(^_^)。まあどっちにしてもセーフ。

お茶会というのはテーマを決めてそれを表す茶器や茶菓子風景をみんなで共有して楽しむ、という、優雅な妄想お遊び、と西山は理解しました。
この会ではテーマを新しい元号「令和」にしていて、令和に沿った茶菓子(はさみ菊という、菊の御紋を発想させるお茶菓子でした)や掛け軸などが紹介されました。
恐ろしくお高そうなお茶器は確かに素敵で、西山はきゃっきゃしましたが、お茶の先生が言われるように、

「お茶を怖がらずに、気軽に楽しむ」

というのは、かなり難しいと思いました(^_^;)。正座はしんどいし。楽しかったですけども。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

kosumos1.gifa-tonb.gif

 プロフィール


 最新記事


 最新コメント


 最新トラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリ


 FC2カウンター


 検索フォーム


 RSSリンクの表示


 リンク


 ブロとも申請フォーム


 QRコード


blogram投票ボタン