HARLEM GO-TEN

こんにちは。漫画家西山優里子の公式ブログです。ゆっくりしていってね。

切なすぎる記者会見 

未分類

kishakaikenn.jpg

例のアメフト悪質タックルの件で加害選手が記者会見しました。
被害者側が警察に被害届を出したからには、ほんとのことなんてほとんどいえないだろう、と思っていたら顔も名前もさらけ出して、こと細かく事の経緯を説明してくれました。

切ない。

まだ二十歳になったばかりの学生がこんな風に出てきて、一生懸命言葉を紡いでる。
彼は彼で一生懸命だっただけなのに。かわいそうだ…。
自分がしたことを反省して、謝罪して、断らなかった自分が悪い、それをやらせたコーチたちのことについて罵倒も意見もしない…。

なんだか見ていたら涙が出てきました。
何やってんだオトナ。
こんな思いさせるって、どういうオトナだ、バカヤロウ。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

蘇るショットガン 

未分類

今大学アメフトの悪質プレー問題で大騒ぎになっていますね。
西山は昔々アメリカンフットボール漫画を描いたことがあるのでとても気になるニュースです。
しかも日大というと、西山が描いていたころには篠竹監督というすごいカリスマがいらっしゃいました。
武器はショットガン。
む。ショットガン。そういえば、西山のまんがの中でも使わせていただきました。
クオーターバックが下がって一斉に飛び出すレシーバー5人のちマークが薄いのにパスする…とかいう作戦だったと思います。
初めての連載、しかもスポコン。
西山は子供のころ好きだった「侍ジャイアンツ」の魔球みたいにいろいろかっちょいい名前を付けた必殺技を付けられるものと楽しみにしていました。
しかし時代はそういう魔球めいた名前にちょっと飽きていた時代。魔球ネームは無し、と言われてちょっとがっかりしていました。
そこへこの「ショットガン」。おっ、かっこいい。というので、使わせていただきました(^-^)。

アメフトはコンタクトスポーツだけど、かっこよくて面白いです。こんな風な形で騒がれるのは残念な西山です。

*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

アルプス少女になった気分 

未分類

最近近所にとてもおいしいパン屋さんを見つけました。
ブールというふかふか丸々のパンがとっても美味しいのです。
その焼きたてがたくさん棚に乗っているのですが、その様子を見ているといつもとても幸せな気分になります。
焼き立ての色の塩梅がとてもいいのです。さわらなくてもふっかふかだと想像できるのです。
このわくわくした気持ち…。
おおっ、あれか。
アルプスの少女ハイジがふかふかのパンやチーズをみてうまうま食べて、それをアニメで見た日本人がそういうパンやチーズにあこがれたっていう、あれか!
残念ながらその本放送の頃西山は暑い国にいたので、その気持ちを分かち合うことはできなかったのですが…。
きっとこんな気持ちなんだろうなー。
と、勝手に想像して楽しくなってる西山でした(^-^)。

西山ハイジ
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

ニンジンケーキ焼く 

未分類

本日打ち合わせのためケーキを焼きました。

IMG_7775_convert_20180517184138.jpg

いいカンジに膨らみました。

IMG_7779_convert_20180517184159.jpg

水切りヨーグルトと生クリームを合わせたものをラフに塗ります。

IMG_7782_convert_20180517184217.jpg

いいカンジにふんわりしっとり焼けました♪我ながらジョーズ。

いつもこんなにいいカンジにできないのになあ、と思い返すに、前回などは「10分生地を休ませる」と「生地をすり鉢状にしてから焼く」をやっていなかった…。
トリセツちゃんと読めって。読んだら出来たじゃん(^-^)。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

ウエルカム転校生 

未分類

昨日根津の高校の同級生がやってるギャラリーに、同じく同級生が友達二人とやっている展覧会を見に行ってきました。

IMG_7772_convert_20180516075820.jpg

右上のMisa Mochizukiが西山の高校とパリ日本人学校時代の同級生です。


IMG_7760_convert_20180516075856.jpg
デザイナーをやっている彼女のことは2年前の展覧会の時にもここで紹介しましたが、とにかく目が痛くなるような繊細な模様を作り出してそれを大胆に配置するのが必殺技です。毎回感動ですが、毎回少しずつ技のキレ味を増していくのでスゴイです。

IMG_7766_convert_20180516075918.jpg
今回は書道家のShirokiさんと

IMG_7768_convert_20180516075945.jpg
写真家の高橋力さんと三人で展覧会。
力強くて躍動感のある墨のダンスと、選び取った風景を絶妙に切り取る技。とても見ごたえがありました。
いろんなスタイルの作品とそれを作る作家さんに出会うたびに目からウロコがボロボロの西山です。マジで。

写真撮るのはもちろんお三方の許可を取ってのことですが、アクリルに阻まれてほんとのステキさが撮り切れていません…!むむむ。
よろしかったら現物を見にいってください。感動は100倍です。
根津の「りんごや」さんで5月の20日までやっています。

「りんごや」blog.ringoya-galerie.com/

ところでこのりんごやさん、小さいけれど間口が広くてとても入りやすいギャラリーです。だから外からふっと見て気になった国の内外の観光客さんがよく入ってきます。もちろん作家さんたちの友人たちも見に来ます。
この日西山も同級生とランチ込みで見に来たのですが(根津にはおしゃれおフランスレストランもいろいろあってしかも美味しい!)、りんごやさんで他の同級生たちとも合流できました。
同い年の同級生と会うと近況と昔話に花が咲きます。西山は転校してきて1年しかいなかった学校ですが、一番楽しかった学校ですから話すこともてんこ盛りです。
そんな中、今回友達がこんなことを言ってくれました。

「にっさん(西山のことです)はうちの学校が楽しかったと言ってくれるのが、とても嬉しい。
転校してきた人がつまらなさそうにしていたらさびしい。
自分が過ごしてきたそれまでの(中高)5年間がつまらない、と思われるみたいだから。
だから転校生が楽しんでくれているのは、嬉しい」


そんな風に思ってくれていたなんて!
西山は学生時代ほぼほぼ転入する側でしたが、常に在校生に嫌われないようにびくびくしていました。
日本の小学校に転入した時に手痛くいじめられた経験があったからです。迎える側の人たちは、
「何この子変わってる。自分と違う人間は気に入らん」
と思っているんだと、そこで知らされてしまったからです。
でもこの高校では帰国子女を多く編入させる制度のおかげか校長先生のおかげか、とにかくそういうのが全然なかったのです。
最初から転校生ウェルカムな感じでした。だから西山この学校が大好きになったのです。
そんな風にウェルカムされたら、次に転校生を迎えるとき、自分もウェルカムできますよね。
改めてこんな言葉をもらって西山嬉しかったです。

201803front_convert_20180314064315.jpg

とてもぜいたくな一年間だったなあ。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

kosumos1.gifa-tonb.gif

 プロフィール


 最新記事


 最新コメント


 最新トラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリ


 FC2カウンター


 検索フォーム


 RSSリンクの表示


 リンク


 ブロとも申請フォーム


 QRコード


blogram投票ボタン