HARLEM GO-TEN

こんにちは。漫画家西山優里子の公式ブログです。ゆっくりしていってね。

ローテーターカフって知ってますか 

未分類

今日肩のリハビリに行ったら担当の先生に研修生が付いていました。
先生はその研修生と普段西山には使わない専門用語を色々使って話していました。
その中で、
「ローテーターカフ」
という言葉が出てきました。西山の肩の話をしているようです。
はて?
ローテーターカフ?
どこかで聞いた…。
思い出しました!
回旋筋腱板といって、肩甲骨につながる四つの筋肉だそうです。「上腕骨頭を抱え込んで肩関節を安定させる筋肉」だそうです。
西山はこの四つのうち一番傷つきやすいやつをやっちゃったそうで。

実は西山、初めての連載のアメリカンフットボール漫画で、主人公の相棒のクオーターバックをケガさせたことがあります。
肩に爆弾抱えているけれど、お前とフットボール続けるために頑張るぜ。でもそれは言わないぜ。痛いけどな…的な設定。
そのけがというのが、このローテーターカフでした。
当時まだインターネットなど発達していなかったので、高校時代の外科志望の友達から仕入れたネタがコレでした。
作中このクオーターバックは無理してスゴイロングパスを投げた結果、完全に肩の腱を断裂してしまって作品の半分はもうグラウンドには立てなくなりました。(一応最終回ではその後復活する旨描きました)

このころ西山はドラマチックな展開を泣きながらわくわくしながら描いたものです。
…ローテーターカフ痛めるとこんなに痛いなんて、知らなかったんだもん…。
今あのシーンを描いたらローテーターカフ痛めるとこんなに痛いよ、そんなこと痛くてできないよ、とかなりリアル目に描けそうです。
まあ、ドラマチックにはならないかもだけど…。

ほんとはむり

数十年たってから自分が彼と同じところを痛めるとは、なんという因果応報。いや、ノロいかしら。
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

オリンピックはすごい人たちの祭典だから 

未分類

フィギュア男子のワンツー受賞から一夜明けて思うコト。

やっぱオリンピックは人よりすごく努力してすごい結果を出す、すごい人間たちの集まる祭典。
西山たちが感動するのはやっぱりそこなんだよなあ。人間がスゴイ。

今回の開会式、実は西山なんとなく物足りなく感じていました。
もちろん、大会の人たちが一生懸命作り上げた開会式だったのはわかる。
けど、スゴイ映像やCGがどちらかというと目についた。で、それって結構もう見飽きてる。
映像技術が進化しすぎてやれることが増えてきたから、その最高のものを見せようとなるとああなるんだと思うけど。

ここ数日のオリンピックで、宙をぐるぐる飛ぶのとかすごい勢いでかっとばすスキーとか、昨日のフィギュアとか、

「こんなすごいこと人間ができるのか、スゴイ」

って思った時に気づきました。
やっぱり心の底から感動するのは、すごい人間の力を目の当たりにした時なんだよなあ。
だから、開会式も、見たいのはスゴイ映像やCGじゃなくて(あってもいいけど)、スゴイアスリートたちのパフォーマンスなんですわ。
引退したオリンピアン、一般のアスリート、そういう人たちのパフォーマンスを主役にした開会式が見たいなあ。
で、イチイチやってくれることに「おおおー!」「ひゃー!」とか言いたいの。
東京オリンピックの時は映像技術自慢じゃなくて、筋肉の祭典、もとい、人間の祭典になるような開会式にしてほしいな。
どうやったらできるか、西山にはわからないけども。

て、実はこれ、元は人が言っていたことの受け売りなんですけどね(^_^)。

西山も頑張ります。
風邪はおさまりつつあって、あとは咳だけです。
ペン入れ、やっぱり今日中には終わらなかったけど。ちゃんちゃん。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

ワンツーフィニッシュおめでとうございます 

未分類

フィギュアスケート、羽生君と宇野君で日本男子はワンツーフィニッシュ決めましたね。凄いです。できすぎです。
西山も珍しくツイッターでつぶやいたりしちゃいました。

今日は土曜日で試合は午前中からだから日本に住む人が見るには絶好の時間帯でしたね。
昨日もですが、西山は夜中起きていることができないので(寝ちゃうので)いつも結果は朝起きてニュースで知ることが多く、ガチで見れるのは珍しいことでした。

それなのに、やはり西山は心配性で怖いので見ないようにしながら仕事していました。
でもやはり気になってテレビをつけたら、昨日ボロボロだったアメリカの選手が四回転を五回も飛んですんごいことになってるじゃないですか。もうそれだけで西山はさら心配に。
「ダメかも。無理かも」
なんでこんなネガティブに思うんだか。とにかく、これはやっぱり昨日みたいに終わったころにテレビをつけようと思いました。
で、しばらくしてテレビをつけたら、
「さあーっ、羽生選手の登場です」
ええー!これから!?
あ、でも、このタイミングでつけちゃったんだから、これはもう腹を据えてみるべきではないか。
心配だけど、どうなっても受け止めよう。
そういうわけで、こたつにも入らず正座してガン見。

頑張れ

とにかく…
羽生君おめでとう!宇野君もおめでとう!日本代表おめでとう!
スピードスケートでも銀と銅で日本人が二人表彰台に立ちましたね。凄いスゴイ。
そういえば、将棋の藤井君も勝ちましたね。すごいなあ。あれ?こっちで負けたのは羽生さん?同じ漢字?

とにかくこんなすごい選手たちを生み出せた日本は、ちょっとすごいんじゃないかな。
久しぶりに言うけど、頑張れニッポン。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

王者が帰ってきた 

未分類

羽生結弦選手選手が堂々の100点越えの第一位で帰ってきましたね。
テレビでは「王者が帰ってきたー!」「異次元の強さ―!」と大騒ぎ。日本中の大注目でしたから、テレビ見られる人はほとんど見たんじゃないですかね。いや、ほんと凄かったです。西山フィギュアファンというわけじゃないけど、羽生君はスゴイと思う。超年下だけどソンケイ。凄いわあ。

でも実は西山、うちにいてテレビ見られる人でしたけど、大本番のその時見ていなかったんです。
なんでって、怖くて。失敗したら、あちゃあってなるのがかわいそうで怖くて。
うちでは母がフィギュアが好きでオリンピックでは必ず楽しみにしていたんだけど、コケるんじゃないかしらといつも心配しながら見ていました。心配性さんだったので。その心配性が西山にも移ってしまっているんです。
そういうわけで、ちょっとほかのチャンネルにして仕事してて、そろそろかなっと思ってチャンネル戻したら、

王者が帰ってきた

おお!あらそう!ノーミス!
その後のノーカットリプレイは安心して見れました(^0^)。

それにしても、もともとチャンピオンで、それがいきなりのけがで、絶対無理、とか言われていたのに、堂々トップで帰ってくるなんて。どんだけ王者や。
もうそれは~。アナウンサーさんも言っていたけど、「異次元の強さ」。
そう、三次元じゃなくて二次元でよく存在している、ヒーローですよ。

そのあと滑った選手たちボロボロ失敗してたけど、羽生選手のすごさに圧倒されちゃったんじゃないかなあ。
宇野選手は力もらった感じ。

西山も力もらいました。
風邪が少々悪化し始めたので、困ったときの他のクリニックに行って違うお薬もらったこともあって、なんか楽になってきた気がします。
キャラのペン入れ、今日は7ページできるかな。イチイチスロースターターなんで。
明日は頑張ります。目標明後日までにペン入れ終了。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

エスカレートげほ 

未分類

風邪がどうやら悪化しているようです。席がじゃなくて咳が出るようになってきました。声がガラガラ。頭も痛いです。
でも昨日までのどこが痛いのかわからないもやもやした感じはなくなりました。
つまり、ハッキリ風邪になったってことです(笑)。
でも宅配の応対に出るときはひどい声なのでちょっと申し訳なかったです。

おだいじに

そういうわけで一日家に閉じこもって、時々横になったりしながら下描きしていました。
多分今夜寝るまでに下描き30ページオールアップできそうです。いえー。
そしたら明日からキャラペン入れ予定。
風邪の予定は、まだ見えない…。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

kosumos1.gifa-tonb.gif

 プロフィール


 最新記事


 最新コメント


 最新トラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリ


 FC2カウンター


 検索フォーム


 RSSリンクの表示


 リンク


 ブロとも申請フォーム


 QRコード


blogram投票ボタン